Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > AVR-X6300H、AVR-X4300H開発者インタビューPart.2
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2016-10-13

 

Part.1から続いています。
AVR-X6300HAVR-X4300H開発者インタビューPart. 1 アドレス入る)


■Part.1ではAVR-X6300Hについてじっくりうかがいましたが、AVR-X4300Hについてもお聞かせください。

高橋:4000番台は、デノンのAVアンプでは国内で最も台数が出ている人気のモデルで、デノンのAVRを代表する中核モデルと言えます。

前のモデルであるAVR-X4200Wは、7.2chでしたが、今回はそれを9.2チャンネルにするというのがミッションでした。

■定価で比較した場合も、AVR-X4200Wが税抜き 15万円で、AVR-X4300Hが 16万円ですから アンプが2チャンネル増えても1万円しか価格が上がっていません。これはコスト的にも大変だったのではないでしょうか。



 

 

 

高橋:チャンネル単価を考えるとAVR-X4300Hのコスト競争力は非常に強いと思っています。
音質を損なうことなく、コストも抑えながら2チャンネル分アンプを増やすことができたのは、まさにデノンならではのノウハウだと言えるでしょう。
こうしたノウハウの集積がある点が、デノンの強さだと思います。

 

■チャンネル数の追加以外で前のモデルから進化した点はあるのでしょうか。

高橋:今回からヒートシンクがアルミの押し出しのものになりました。
AVR-X4200Wまではコルゲートといってアルミの板を曲げたものを使っていました。

コルゲートの放熱性は決して悪くはないのですが、製造上複数の部品を組み合わせたものになりますので、どうしても共振しやすくなり、ひいては音質劣化の原因になります。
その点、今回の押し出し型はソリッドなのでそういった心配がありません。
それに見た目も美しいです。




↑押し出し型のAVR-X4300Hのヒートシンク。2枚が向かい合わせとなっている



■AVR-X4300Hのヒートシンクは 2枚が組み合わさった構造なんですね。

高橋:AVR-X4300Hはコスト面からAVR-X6300Hのようにチャンネルごとのモノリス構造にはできませんでしたので、スペース性を高めるために9つのアンプを 5つと 4つにわけて、 2つのヒートシンクに抱き合わせて搭載しました。

■AVR-X4300Hで、そのほかに進化した点はありますか。

高橋:Part.1のAVR-X6300Hの時にお話した、サラウンド回路を構成する一つ一つのブロックを高性能な集積回路の組み合わせで完成させた「D.D.S.C.-HD(Dynamic Discrete Surround Circuit)」は、AVR-X4200Wでも採用しています。

これもサウンド面で大きな貢献を果たしています。またトランジスターの足の部分にセンサーを取り付けるというアンプ温度管理の手法についても、AVR-X6300Hと同様で、精度の高い温度管理が行えます。

■なるほど、設計思想の部分ではAVR-X6300Hを継承しているわけですね。

高橋:新しい世代のデノンAVRの設計思想が反映されている部分だと思います。





↑AVR-X4300H

 


↑AVR-X6300H

 

 

■今回、AVR-X6300HとAVR-X4300Hのダブルのリリースとなりましたが、やっぱり2モデル同時開発は大変だったのでしょうか。

高橋:同時に2モデル開発するとしたら、まず価格の高い方を作って、そこからいろいろ抜いて廉価版のモデルを作るという手法が普通かもしれませんが、AVR-X6300HとAVR-X4300Hに関しては今までお話ししてきたように、それぞれの開発コンセプトがまったく違いましたので、どちらにも開発パワーは必要でしたし、その意味で大変ではありました。

ただ今回のモデルは設計だけで作ったものではない、と考えているんですよ。

■それはどういう意味でしょうか。

高橋:特にAVR-X6300Hですが、このモデルは福島にあるD&Mの白河工場で生産しています。

白河工場には我々設計チーム、そして量産のために効率的な工程を設計する生産技術チーム、そして実際にモノ作りを行う製造チームがいます。
白河工場の製造技術や製造部門は、非常に優秀なんですね、ですから彼らからのフィードバックで設計を変更した点もあって、それによって製品のクオリティや精度が上がっていった面もあるんです。



 

 

■具体的な例があったら教えてください。

高橋:たとえば基板設計ですが、まず我々が回路を書いて基板のレイアウトを考えます。
その設計図面を生産技術チームに渡すのですが、そこで多くのフィードバックをもらいます。

設計の私たちには分からない部分なのですが、基板のレイアウトやワイヤーの通し方などを変更することで、実装や組み立ての効率を上げることができることがあって、「レイアウトをこう変えると効率が上がります」と生産技術チームがアドバイスしてくれるんです。

設計としては同じ性能が出ればいいので、そういう変更はウェルカムなんですよ。
こうしたことを積み重ねることで、より精度が高い製品が効率よく生産が行えるようになります。


このような生産部門からのポジティブなフィードバックは、モデルの品質に大きく影響しますし、生産性にも大きく寄与するので、モノ作りとしては非常に重要だと思っています。
これは設計部門と生産部門がいっしょにあるデノン白河工場ならではのメリットだと思っています。

※白河工場については、デノンオフィシャルブログの過去エントリーもぜひご覧ください。

デノン白河工場の品質管理 Part.1

デノン白河工場の品質管理 Part.2

デノンの品質保証 Vol.1

デノンの品質保証 Vol.2

※白河工場の紹介動画をyoutubeのDenon Japan公式チャンネルで公開しています。
そちらもぜひご覧ください。

 

高橋:それと、もうひとつ「設計だけで作ったたわけではない」と言った理由があります。

■それはなんでしょうか。

高橋:今回のAVR-X6300HやAVR-X4300Hだけに限った話ではありませんが、最近デノンではAVレシーバーのサウンドチューニングをグローバルな視点で行っています。それも大きいと思います。

 

■音決めのプロセスが以前とは変わった、ということでしょうか。

高橋:そうですね。以前は本社のサウンドマネージャーが音決めのほとんどの部分を担っていましたが、ここ数年は本社のサウンドマネージャーだけでなく、アメリカやヨーロッパの販売会社の人間が音質評価に大きく関わるようになってきました。

それに伴って私も製品開発のプロセスで私が海外に行く機会が増えています。

 

■それによって音は変わってきたのでしょうか。

 

高橋:アメリカはジャズ発祥の地ですし、ヨーロッパはクラシックの深い伝統を持っています。
そしてアメリカもヨーロッパも、より多くの音楽を聴く文化を持っていますし、映画を観る文化を持っています。

彼らの音に対する熱意はとても強いものがあります。 ある意味で彼らは日本以上に厳しい耳で聴いていますし、非常に音楽的に鋭い意見を出してくれます。

AVレシーバーについて非常に真摯な姿勢を持っていると言えるでしょう。
私は日本のデノンのサウンドを誰よりも知っていると自負しています。

しかし彼らの視点からの意見を聞き、そのハードルをクリアした上でデノンの音作りをすることで、より多くの方に評価される音が出せるようになってきたと思います。
ですからサウンドチューニングの面でも、AVR-X6300H、AVR-X4300Hは設計だけで作ったモデルではない、と言えると思っています。

 

 

 

 

 

■最後にAVレシーバーでこんなことをしてみたい、ということがあったら教えてください。

高橋: 開発者としてではなくユーザーとして、でもいいですか(笑)。せっかくですから新しいAVRでドルビー・アトモスやDTS:Xといったオブジェクトオーディオのコンテンツを楽しみたいですね。

僕は映画より音楽が好きなので、オブジェクトオーディオのソフトで音楽寄りのものがもっと出てきたらいいなと思っています。
今はまだ数点しかないので、今後期待しています。

たとえばクラシックをコンサートホールで収録して、ホールの空間が表現されたような作品が出てきたら、ぜひ聴いてみたいですね。
きっと本当にホールにいるような音場が再現できると思います。

それと音楽って意味では一つ言い忘れていましたが、フォノ端子がついているので、AVR-X6300H、AVR-X4300Hはアナログレコードも接続できます。アナログレコードをサラウンドに拡張して聴いてみるのも楽しいと思います。

 

■ありがとうございました。

 

 

 (Denon Official Blog 編集部 I)

Picture Placeholder: Kumiko Tachi
Kumiko Tachi posted to AVR-X6300H、AVR-X4300H開発者インタビューPart.2 2016/10/13 1:05
 

 デノン公式サイト一覧

 
 

 アーカイブ

 
Unable to display this Web Part. To troubleshoot the problem, open this Web page in a Microsoft SharePoint Foundation-compatible HTML editor such as Microsoft SharePoint Designer. If the problem persists, contact your Web server administrator.


Correlation ID:08b755bc-7832-449e-b63e-74c560484291
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事