Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > AVR-X6300H &AVR-X4300H登場!
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2016-09-26

11ch パワーアンプ搭載のAVアンプAVR-X6300Hと9chパワーアンプ搭載のAVR-X4300Hが発表されました。

 

 

11.2ch AV サラウンドレシーバー
AVR-X6300H
280,000 円(税抜価格)  10 月中旬発売予定

 


9.2ch AV サラウンドレシーバー
AVR-X4300H
160,000 円(税抜価格)  10 月中旬発売予定

このたび発表されたAVR-X6300H、AVR-X4300Hですが、いずれも昨年発売されたデノンのAVアンプのフラッグシップモデルAVR-X7200Wに準ずるクオリティを追求したモデルです。

ところでデノンのAVアンプをご存じの方なら、この品番を聞いただけで驚いたことがが2つあるかもしれません。

まずは「6000番台」という新しいグレードの品番です。6000番台とはフラッグシップモデルの7000番台に次ぐハイグレードモデルとして今まで海外のみで展開してきたラインですが、ついに国内でも発売となりました。

それともう一つは品番の末尾のHという記号。
これはデノンが自社開発したネットワークモジュールを採用していることを示したもので、デノンが現在欧米で販売しているストリーミングスピーカーの頭文字です。

ということで、各モデルをご紹介しましょう。

まず先に、両モデルともに対応している機能ですが、大きなものは以下です。

  • ■ 最新のオブジェクトオーディオ「最新のオブジェクトオーディオ「Dolby Atmos® 」「DTS:X」に対応
  • ■ 4K映像が楽しめる4K Ultra HD、すべてのHDMI端子が4K映像コンテンツに対する著作権保護技 術「HDCP 2.2」に対応
  • ■ 5.6 MHz DSD & ハイレゾ音源対応ネットワーク機能対応
  •  ■ iOSデバイス / Android / Kindle Fire対応リモコンアプリ 「Denon 2016 AVR Remote」 ⋅ AirPlay、インターネットラジオ機能
  • ■ 2.4 / 5 GHz デュアルバンドWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n)対応、Bluetooth® 対応

このあたりの機能はいずれも最新のデノンのAVRが対応しているポイントだといえるでしょう。
詳細はデノンウェブサイトをご覧ください。

今回は、音質やチャンネル数などといったパワーアンプの根幹に関わる部分を中心にして、両モデルを観ていきましょう。

まずはAVR-X4300Hです。

AVR-X4300Hの開発コンセプトは「ハイエンドなAVアンプでしかできなかったことを、ミドルクラスでも実現する」ということでした。
たとえばAVR-X4200Wでは7chだったパワーアンプの数が9chとなっていますが、これであれば内蔵のアンプのみで5.2.4chの再生環境が完結し、ドルビーアトモスやDTS:Xなどのオブジェクトオーディオの再生環境にピッタリです。

またプロセッシング数もAVR-X4200Wでは9.2chだったところ11.2chにまで拡大し、より高度な再生環境にも対応できます。
また上級機のみが可能だったバイアンプやマルチゾーン再生などにも対応しました。

 
↑AVR-X4300H

7chだったAVR-X4200Wのボディサイズにさらに2chを追加し、9 ch分のパワーアンプを搭載するためにも工夫が凝らされています。

AVR-X4200Wでは7ch全部が1枚の基板にマウントされていましたが、AVR-X4300Hでは9基のパワーアンプを5基と4基に分けて、2枚の基板に分割し、さらに剛性を増したアルミ押し出し型のラジエーターと組み合わせて互い違いに実装することで、今までと同サイズの筐体で9chのアンプの搭載に成功しました。




↑AVR-X4300Hのパワーアンプブロック部分

 

そのほかにも大型のパワートランス、大容量のブロックコンデンサーなどによる電源系の強化、DAC専用基板によるノイズの低減、さらには様々な音に関わるパーツや筐体のシャーシの厚み、剛性をグレードアップすることで、音質を向上させました。

 



↑AVR-X4300H

 

そしてAVR-X6300Hです。

この新しいモデルは「フラッグシップモデルであるAVR-X7200W(A)の表現力をAVR-X4200のサイズへと凝縮すること」をコンセプトとしたモデルです。


ちなみにAVR-X7200W(A)のサイズはW434 × H196 × D427 mm (フット、端子、つまみ含む)、
そしてAVR-X4200WのサイズはW 434 × H167 × D389mm (フット、端子、つまみ含む)ですから、
幅は同じですが、高さと置き行きがかなり小さくなります。

 


↑AVR-X6300H 

 

AVR-X6300Hは11chで最大出力は250W。
11chものパワーアンプにより、外部アンプを使用することなく、より多くの種類のオブジェクトオーディオに対応できます。


またチャンネル数だけでなく、音のクオリティも徹底的に追求しています。
AVR-X6300Hは音の純度を極限まで高めるために、チャンネルごとに基板を独立させ、基板を11枚も使ったモノリスコンストラクションを採り入れています。これは基板を独立させることで信号の干渉や振動の共振を排除するため。

これによってチャンネル間のクロストークを大幅に減少させます。この1ch1枚の基板を格子状に組み合わせることで、パワーアンプブロックをコンパクトなサイズに凝縮しています。

 

 

 

冷却効率を高めるヒートシンクには新たにアルミ押し出し材が使用されました。これもAVR-X7200W(A)と同等の剛性が高いものを一列に設置し、共振を抑えることでノイズの少ない透明感の高い音質を実現しています。

そのほかにも、全チャンネルへの電源供給経路もチャンネルごとに分離したり、信号の経路もアンプからスピーカー出力端子に独立して信号を送るなど、電源や信号をきちんと分離することでチャンネルセパレーションの改善をはかるなど、Hi-Fiオーディオ開発で培ったノウハウがふんだんに投入されています。

 

またAVR-X7200W(A)で使用されているパワーアンプの入力素子であるデュアルトランジスタ、そして出力素子のDHCT(デノンハイカレントトランジスタ)などは、そのまま採用。パワートランスやブロックコンデンサーに関しては新規のパーツを採用し、電源パーツを刷新するなど、さまざまな点を改善することで、AVR-X7200W(A)のクオリティを、より小型のサイズで実現しています。

 

そのほかにもDACを専用基板にしたり、信号処理のためのDSPやHDMI用の基板も別に用意する、あるいは本体のシャーシを厚くして剛性を高めパワーアンプブロックやパワートランスにはさらにプレートを追加して防振性を高めるなど、様々な点で音を良くする工夫が凝らされています。

 

デノンブログではAVR-X6300H、AVR-X4300Hの開発者インタビューを近日公開予定です。
開発の背景やスペック、カタログなどでは語り尽くせない設計思想やこだわりなどをご紹介します。

ぜひお楽しみにしていてください。

 

 

 (Denon Official Blog 編集部 I)

Picture Placeholder: Kumiko Tachi
Kumiko Tachi posted to AVR-X6300H &AVR-X4300H登場! 2016/09/26 22:21
 

 デノン公式サイト一覧

 
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事