Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > DCD-2500NE開発者インタビュー
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2016-02-12

 



2016年1月に発表されたHi-Fiオーディオシステム「2500NE」。

この新たなスタンダードモデルについて各開発者が語ります。

今回はディスク再生能力を極限まで引き上げたSACD/CDプレーヤー、DCD-2500NEについて。



ローバル プロダクト ディベロップメント プロダクト エンジニアリング 出口昌利



スーパーオーディオCD プレーヤー 

DCD-2500NE  

希望小売価格: 180,000 円(税抜) 

2月中旬発売予定 

詳細はこちらをご覧ください



■まず開発コンセプトを教えてください。


出口:DCD-2500NEで目指したのはディスク再生能力を極限まで引き上げた“究極のディスクプレーヤー”です。

「いかにディスクから読み取った情報の再現性を高めて、RCA端子から出すか」に特化して開発しました。


■最近のCDプレーヤーはDACを内蔵していたりデジタルアウトが装備されているのが普通になっていますが。


出口:DCD-1650SEからついていたオプティカル入力、COXIAL入力、USB-A入力、そしてDCD-1650REからついたUSB-B入力などは今回すべて排除しました。


■2500NEシリーズのほかのモデルがDACを装備しているからですか。


出口:そのとおりです。


USB DAC搭載のプリメインアンプPMA-2500NE、USB DACとネットワークプレーヤー、ヘッドホンアンプ機能を搭載したDNP-2500NEにはDCD-1600REを遥かに上回るUSB-DACが載っていますので、それはあちらに任せるという切り分けをしました。


DCD-2500NEは、ヘッドホン出力すら装備せず、徹底的にディスクプレーヤーとして音を磨きました。



↑DCD-2500NEのドライブをはじめとする内部のメカ 


■出口さんには昨年12月にDCD-SX11開発者インタビューにも登場いただきましたが、開発の期間が近いですよね。


DCD-SX11開発者インタビュー PART1

DCD-SX11開発者インタビュー PART2


出口:おっしゃるとおり開発期間がほとんど被ってしまいましたのでDCD-2500NEはDCD-SX11とはほぼ同時に開発を進めていました。

DCD-SX11は前回のインタビューでもお話ししましたが、新規のDAC、新しいAdvancedAL32ProcessingPlusなどほとんどのものを新たに開発したので非常に苦労をしました。


そのかわり、今回のDCD-2500NEはDCD-SX11の多くの部分がそのまま使えたのでハードウェアの開発は順調でした。

10万円台のCDプレーヤーでこれだけの品質の高いパーツが使えたのは開発者として幸せだったと思っています。


ハードウェアが順調に進行しましたので、その分、音質検討に時間が割けたのも良かったと思います。



ハイレゾ音源にも対応する、アナログ波形再現技術の最新バージョン「Advanced AL32 Processing Plus」を搭載。


■音質評価はどんな風に行われたのですか。


出口:一番最初に私が音作りをして「こういう音でどうでしょう」という試作を作り、それを白河工場から川崎の本社のサウンドマネージャーの山内へ発送しました。

私としてはその頃SX11も完成していたので、その方向性を継承しつつ自分では「80点ぐらいはとれているかな」というくらいにはまとめて送ったつもりでした。


でもこの試聴室に来てみたら、もう最初4日間ぐらい、とりあえず山内と合宿みたいになりましたね(笑)。

夜遅くまで聴いて、また朝来て同じものを聴いて、いじって、また聴いて。


その繰り返しです。


■サウンドマネージャーの山内さんとの音質の詰めで、音はかなり変わったのですか。


出口:それはもう雲泥の差ですね。今回は山内が要求する音質が非常に高いところにありました。

ですから私が最初に作り込んだ音のレベルでは全然足りなかったです。


■山内さんはどんな音を目指していたのでしょうか。


出口:音の方向性としては、DCD-SX11のように低域をしっかりと再現しつつ、繊細さと力強さも両立した上で、新しいモデルですので、さらに空間表現に長けた、瑞々しい音、ビビッドな音を目指していました。

この山内が目指していた音に到達するまでには、非常に苦労しました。





■ビビッド、スペーシャスは山内さんのインタビューでも語られていました。

(デノンサウンドマネージャー、山内慎一インタビューvol.1) 

それはデノンの新しい音の方向性といっていいのでしょうか。


出口:そうですね。

実を言うと、そもそも私が入社した時、山内は同じHi-Fiグループの上司でした。


正直言って、わたしの音に対する考え方はほとんど山内から教わったものですし、その考え方はよく理解しています。

ですから今、山内がサウンドマネージャーに就任して、源流に戻った気持ちで設計をしています。


■「ビビッド」「スペーシャス」といった表現を検証するためには具体的にはどんな音楽ソースを試聴したのですか。


出口:試聴の際には多種多彩な音源を使いますが。

空間感を確かめるにはアンビエントミュージックと言われる、コンピュータで作った音源が適しています。


空間感がしっかり表現できるようになると、音楽の音のツブがシャープになり、空間が広く感じられるようになります。

音も左右に拡がるだけではなく、奥や手前など、空間の中のあちこちでいろんなところで音が鳴ります。


もちろん音質評価ではオーケストラなどの音源も使いますが、それは割と誰がやってもそこそこ追い詰めていけると思うんです。

アンビエントミュージックを使って空間感を詰めていくのは山内ならではの手法ですね。


■ビビッド、スペーシャス、といった音を出すために実際にはどんなことをするのですか。


出口:たくさんの手法があります。

たとえばトップカバー、いわゆる天板。


これをネジで締めるわけですが、トップカバーの脇スレスレに「泣き」を防止するためのゴムがあります。

今回このゴムを極力減らし、断片的に3cmぐらいのものを何枚か貼ることにしました。


また泣き防止用のテープも、もともとは普通にビーッと貼っていましたが、これも、何度も検討を重ねて、最小面積としました。

量産の時にはテープの量も細かく指定が入っています。


また天板を止める時に使うスペーサーも当初は樹脂のものでしたがこれも音質的に「ダメ」ということになり、アルミのスペーサーをこのために新しく起こして使っています。

製造行程としてはテープもゴムもバーっと貼った方が楽ですが、「空間感」などを大切にするために、もの凄く凝った作りになっています。





■音質部品をちょっと変えるだけでも大幅に音が変わりますよね。


出口:もちろんです。

音質部品にもいろんな種類があります。


コンデンサーひとつとっても、耐圧も違えば、容量も、種類も違います。

山内は設計者でしたから、山内自身が部品メーカー様に指示を出して過去にいろいろコンデンサーを作っているんですね。


私もDCD-2500NEに、山内が作った部品をたくさん使っています。

山内や私がそうした部品一つ一つの音の傾向や、それをどこに入れると音がどう変わるのかのおおよその予想をつけた上で、様々な組み合わせを確かめてみる。


この部品をここにいれるとどう変わるのか、実験する。

それを何十パターンも、もうひたすら繰り返すわけです。

ですからやはり、合宿みたいになっちゃいますね(笑)。


■このあたりは実際に音を聴きながらのエンジニアのノウハウ、匠の技ということになるのでしょうか。


出口:そうですね、このような部分は測定しても数値にはまったく出てきません。

山内を含め、私たちメーカーの設計者に何十年分もの蓄積があり、その経験値の上でやっています。


それでも、音質改善に早道はなく、やはり地道な繰り返し、カット&トライしか方法はありません。





■開発過程で一番苦労した点はどんな点ですか。


出口:DCD-2500NEでの苦労は、なんといっても「音質」に尽きますね。

ハードウェア的に苦労した点はあまり記憶にないぐらい。


そのくらい音質を詰めていく時間が長かったです。

でもハードウェアが順調に進んだからこそ、カット&トライを繰り返す音決めの時間を取れたので、自信を持ってお勧めできる音質に仕上がったと自負しています。


■今回DCD-2500NEのデザインはいかがでしょうか。


出口:窓枠が白いデザインになって。しいですよ。


今までは窓が黒くて、それがDCD- 1650REの特徴的な部分でしたが、今回は白が基調なデザインとなりました。

ボタン類もアルミの削り出しで、アルミ本来のキラキラした感じがとてもきれいだと思います。





■最後にDCD-2500NEを楽しみにしている読者へメッセージをお願いします。


出口:DCD-1650REと聴き比べてもらえば、すぐに音の違いをわかってもらえると思うのですが、今までのモデルより鮮やかな音になりました。


■実聴しましたが、DCD-2500NEはそうとうお買い得なモデルじゃないでしょうか。


出口:10万円クラスの音だとは思えないでしょうね。

ぜひ読者のみなさんにも店頭で、実際に音を確かめていただきたいと思います。





(Denon Official Blog 編集部 I)

Picture Placeholder: Seiko Fukushima
Seiko Fukushima posted to DCD-2500NE開発者インタビュー 2016/02/12 20:08
 

 デノン公式サイト一覧

 
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事