Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > AVR-X1200W/AVR-X2200Wでドルビーアトモス体験! Part1セッティング編
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2015-08-31

 



ついに発売となりましたデノンの新しいAVアンプ、AVR-X1200W/AVR-X2200W。

この2モデルでさっそくドルビーアトモスを体験してみました。





7.2ch AVサラウンドレシーバー 

AVR-X2200W 

予定希望小売価格85,000円(税抜価格) 

8月下旬発売 

詳細はこちらをご覧ください。 





7.2ch AVサラウンドレシーバー 

AVR-X1200W 

予定希望小売価格57,500円(税抜価格) 

8月下旬発売 

詳細はこちらをご覧ください。 





ドルビーアトモスの基本的な仕組みはこちらをご覧ください。

「ドルビーアトモス体験記」





今回のナビゲーターはD&Mホールディングス マーケティンググループ 川北 裕司が担当します。


いよいよAVR-X1200W/AVR-X2200Wが発売となりました。

この2モデルの最大の特長は、お求めやすいエントリーからミドルクラスの モデルでありながら、両モデルともドルビーアトモスや DTS:Xなどの最新の音声フォーマットに対応している点です。


今回はそれを体験していただこうと思いますが、 その前に、これからホームシアターを始めようと思う方がかならず気になさるのが 「ホームシアターはセッティングが難しいのではないか」という点です。

AVR-X1200W/AVR-X2200Wはその点を考慮し、 初めての方でも簡単にセッティングできるように様々な工夫が凝らされています。


ですので、今回はパート1として、 まずはAVR-X1200W/AVR-X2200Wのセッティングについてご紹介したいと思います。

AVR-X1200W/AVR-X2200Wは取扱説明書を見なくても、テレビ画面に セッティングの手順がわかりやすく表示されるようになっています。


まずはAVR-X1200W/AVR-X2200WとテレビをHDMI端子で接続してみましょう。




テレビをつけるとこんな画面が表示されます。




そして、このように初期設定をアシストしてくれます。

わかりやすいカラー映像で、段階を追ってどんどんセッティングの説明をしてくれるので 取扱説明書を見ながらセットアップする必要がありません。




最初はスピーカーの接続です。

ホームシアターは多数のスピーカーを接続しますので、 ここがいちばん煩雑なところですが、画面が順を追って懇切丁寧に教えてくれます。




セットアップアシスタントでは下の写真のように スピーカーケーブルの線の被覆の剥がし方や線の処理の仕方まで、 図解入りでわかりやすく説明してくれます。





スピーカーの接続もこのようにひとつひとつ順番に。

あわてずに作業できますね。繋ぎ終えたら「次へ」。





スピーカー端子についてですが、デノンのAVRシリーズでは、 下の写真のように横一線に並ぶ端子を採用しています。

これは接続のしやすさを考慮してのこと。


通常のように上下の2列の端子だと、 慣れた方でもスピーカーケーブルがとても繋ぎにくいんです。





デノンのAVRはスピーカー端子が横一線に並んでいるので、 LチャンネルもRチャンネルも真上からケーブルを差し込むことができます。

特に壁際やTVラックなどに設置することが多いので、 この接続のしやすさはとても大切です。





スピーカーを繋ぎ終わると、セットアップアシスタントは スピーカー1本ずつに、順番に音声信号を出して、正常に接続されているかの確認を行います。

これで、繋ぎ間違いがないかを簡単にチェックできます。


こうやってステップごとにチェックしながらセットアップしていきますので、 接続ミスなどはすぐに見つかり、簡単に直すことができます。





すべてのスピーカーを繋ぎ終わったところで、 今度はスピーカーの調整、設置場所による補正を行います。

これによってホームシアターに最適な視聴環境を自動的に設定します。





補正はスピーカーの測定から始まります。

測定には付属の専用マイクとマイクをセットするスタンドが必要です。


スタンドはカメラなどの三脚があればよいのですが、お持ちでない方のために ちょっと可愛らしい厚紙製のスタンドを同梱しています。

ペーパークラフト感覚ですぐに組み立てられます。





測定はリスニング場所の耳の位置で行います。

ここはしっかりと厳密にやりたいところ。


イスやソファの座面に置いて測定したりすると、 緻密な設定が台無しになってしまいますので、 ぜひ座る場所の耳の高さで測定してください。

カメラやビデオ用の三脚などを使ってもいいのですが、 同梱の厚紙製専用スタンドは見た目よりもかなり良くできています。

ぜひ活用してください。





このようにスピーカーからの音を測定し、 スピーカーの位置や部屋の音響特性を分析し、 ホームシアターに最適な設定を自動的に行います。





スピーカーの調整がおわったら、後はBlu-rayプレーヤーや ネットワークの接続を行います。

それらもワンステップずつわかりやすく表示してくれますので、 迷うことなく、簡単に設定できます。





ということで、セットアップは終了しました。


AVアンプのセットアップが必要なのは最初に設置する時だけとはいえ、 だからこそわかりやすさが大切です。

AVR-X1200Wは、エントリーモデルですからなおのこと。


セットアップアシスタントを使うことでビギナーでも安心して、 セットアップしていただけます。

ということで、パート1のセットアップ編は終了。


次回はいよいよドルビーアトモスを体験します。

ぜひお楽しみに。





(Denon Official Blog 編集部 I)

Picture Placeholder: Seiko Fukushima
Seiko Fukushima posted to AVR-X1200W/AVR-X2200Wでドルビーアトモス体験! Part1セッティング編 2015/08/31 20:59
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事