Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > 『Dolby Atmos、DTS:X対応、AVR-X2200W/AVR-X1200W登場』
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2015-07-10

 



デノンの新しいAVアンプ、AVR-X2200W/AVR-X1200Wが発表されました。

話題の新サラウンドフォーマットであるDolby Atmos、DTS:Xの両方に対応し、もちろん4K対応。


さらに、すべての端子がHDCP 2.2に対応するなど「全部入り」といっていいほどの充実ぶり。

2機種ともコストパフォーマンスに優れていますので、ホームシアターをはじめてみたい方にもピッタリです。


今回はその魅力について、わかりやすくご紹介しましょう。





7.2ch AVサラウンドレシーバー

AVR-X2200W

予定希望小売価格85,000円(税抜価格)

8月下旬発売予定





7.2ch AVサラウンドレシーバー 

AVR-X1200W

予定希望小売価格57,500円(税抜価格)

8月下旬発売予定


ついに登場したAVR-X2200W/X1200Wですが、この両モデルのどこがスゴいのかを順番にご紹介していきたいと思います。


1)最新の機能がフル搭載


まずはなんといっても最新のサラウンドフォーマットである「Dolby Atmos」そして「DTS:X」の両方に対応したことが最大のポイントでしょう。


Dolby Atmosは「オブジェクト」という音響要素を取り入れた点と、天井にスピーカーを使用する点が大きな特長。

オブジェクトという考え方のサラウンド方式の採用で、従来よりも縦横無尽に音を動かすことができます。


また頭上にスピーカーを設置することによって、今までは再現が難しかった頭上からの音(雨の音など)や、音に包まれる感覚(ジャングルや水の中など)も、よりリアルに表現できます。

Dolby Atmosについては、先日以下のエントリーで取り上げましたので、あわせてお読みいただければと思います。


「Dolby Atmos体験記」  「DTS:X」もオブジェクトという考え方を取り入れており、天井のスピーカーを使用。

DTS:XもDolby Atmosと同じく、音の3D的な表現が可能となっています。

(※DTS:Xは、無償のファームウェアアップデートで対応予定です。対応時期は決定し次第発表いたします。) 


今回AVR-X2200W/X1200Wに搭載されたDolby AtmosとDTS:Xは、これまでおおよそ6~8年周期で大きく進化してきたサラウンドフォーマットの最新版というだけではなく、1977年のスターウォーズに初採用された「ドルビーサラウンド」登場以来の革命的なサラウンドフォーマットです。

今まで買い控えていた方も、今こそ手に入れるチャンスではないでしょうか。


またHDCP 2.2という映像の著作権保護技術にも対応しました。

これは今後4Kのコンテンツを十分楽しむために必要となる規格です。


AVR-X2200Wは8入力2出力のすべてのHDMI端子、AVR-X1200Wは6入力1出力のすべてのHDMI端子がHDCP 2.2に対応しています。

もちろんAVR-X2200W/X1200Wは4Kに対応しており、4K対応テレビと接続することで高精細な映像が楽しめます。





さて、次の特長は


2)高音質設計


AVR-X2200W/X1200WはデノンのHi-Fiオーディオアンプの技術を惜しみなく投入することで、高音質を実現しています。

AVR-X1200Wは7チャンネルで最大出力175W、AVR-X2200Wは7チャンネルで最大出力185Wの大出力。


エネルギッシュなサラウンドサウンドが堪能できます。

AVアンプというと、つい新しいフォーマットや先進的な機能に目がいってしまいますが、アンプの肝はなんと言っても音質です。


AVR-X2200W/X1200Wはディスクリートの本格パワーアンプを採用したうえで、前モデルからボリュームパーツやトランジスター、電源、最新DSPなどを見直すことで、音質をさらに進化させました。

このあたりは文字では伝えにくいところですので、ぜひ試聴会や発売後に店頭などでお確かめください。





そしてもう一つ大切なのが、


3)使いやすさの重視


ホームシアターをはじめて設置する時に大変なのが、スピーカーの接続と設置です。

7.1 サラウンドであれば、7本のスピーカーとサブウーハーの合計8本のスピーカーを接続して設置しなくてはなりません。


まず接続ですが、AVR-X2200W/X1200Wの場合、背面の端子はこのように横一列になっています。

通常のAVアンプはチャンネルごとに2列になっていることが多いのですが、AVR-X2200W/X1200Wは1列にしてチャンネルごとに色分けされています。

これによってたくさんあるスピーカーケーブルを間違えることなく、壁際などの狭い場所でも簡単・確実に接続できます。


また、本体の設定など、ひとつひとつの手順をテレビの画面でわかりやすくガイドしてくれるセットアップアシスタント機能も搭載しました。

こちらも非常に便利で、画面のガイダンスに従っていくだけでスピーカーのセッティング、さまざまな調整などが行えます。

セットアップアシスタントを使ったホームシアターの設置の様子も、デノンブログの以下のエントリーで実際にやっていますので、ご覧ください。


「おうち劇場化計画」3.設置してみました




もちろんセットアップアシスタント機能が便利なだけではありません。

ワイヤレス関連の機能の充実により、さらに使い勝手が良くなっています。


まずWi-Fi。

LANケーブルを部屋中に引き回して接続しなくてもネットワークに接続でき、インターネットラジオやリモートAppが使えるようになりました。

しかもWi-Fi用のアンテナは広い受信範囲を確保できる2本のアンテナを使ったダイバーシティタイプなので、確実で安定した無線通信が行えます。





さらにBluetoothも搭載しました。

スマホやタブレットなどに入っている音楽をワイヤレスで飛ばして、AVR-X2200W/X1200Wの高音質で再生できます。

フロントUSB端子に接続しての再生も可能で、接続時には給電もされますので、音楽再生を楽しみながらスマホやタブレットの充電が可能です。


そして最後にもうひとつ


4)ネットワーク機能


ネットワークオーディオ機能により、ネットワーク経由で音源が再生できます。

しかもハイレゾ音源に対応しており、192kHz/24bitのAIFF、WAV、FLAC、96kHzのApple Lossless、さらにDSD(2.8MHz)まで対応しました。


またUSBメモリースティックに入っている音源データの再生も可能です。

こちらもDSDファイルに対応していますから、フロントのUSB端子に差すだけですべてのファイルの再生がOKです。


と、AVR-X2200W/X1200Wの魅力をざっとご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

まさに最新機能全部入り、そして妥協のないつくりが自慢の入門・普及価格帯のAVアンプ。


ホームシアターを始めたい方、Dolby AtmosやDTS:X、4Kに対応したアンプへの買替えを考えている方に、まさにピッタリのモデルです。

ぜひご検討ください。




(Denon Official Blog 編集部 I)

Picture Placeholder: Seiko Fukushima
Seiko Fukushima posted to 『Dolby Atmos、DTS:X対応、AVR-X2200W/AVR-X1200W登場』 2015/07/10 22:23
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事