Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > 豪華絢爛なダンスと歌を、ホームシアターで。
Category Name: ミュージック Posted Date: 2014-12-26



街がにぎやかに色づく年末年始。劇場に出かけて豪華絢爛なエンタテインメントを観たくなりますね。

映画でも、ブロードウェイを始めとするショービジネスの世界を描いた名作映画が数多く作られてきました。

これらの映画にはたいてい本職のダンサーや歌手が起用されていて、踊りと歌を思いきり堪能できるのが特長です。


今回は、ゴージャスな気分に浸れるエンタテインメント、

ホームシアターで楽しみたい「バックステージもの」映画をご紹介いたします!

 


バーレスク」

発売中 ¥2,381(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


まずはごく新しい作品から。「バーレスク」(2010年 アメリカ)は、

セクシーで洗練されたショーが売り物のロスアンゼルスのクラブ「バーレスク・ラウンジ」を巡る物語。


スターを夢見てアイオワから出てきた主人公アリを演じるクリスティーナ・アギレラと、女店主テス役のシェール。

新旧2人の歌姫の歌いっぷりがとにかく迫力満点です。

アギレラを含むダンサーたちのエロティックでカッコいいダンスも、

これぞアメリカのエンターテイメント!というゴージャスさを存分に堪能できます。


ラブロマンスやクラブの買収を巡る策略のストーリーもあって飽きさせず、

今やこういう映画には欠かせない名脇役のスタンリー・トゥッチもすばらしい味を出しています。


ここはひとつ、サブウーハーをズシンと効かせた5.1 chサラウンドで、

ロサンゼルスの老舗クラブの雰囲気に浸りきってみたいものです。




ーラライン」

発売中 1,429円+税
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 1985 Embassy Films Associates. All Rights Reserved.


ブロードウェイのバックステージ物といったら代表作はこれでしょう。

「コーラスライン」(1985年 アメリカ)は、1975年初演の同名ミュージカルを映画化したもの。

コーラス、つまり後ろのほうで歌って踊る人たちを選ぶオーディションの一日を描いた物語です。


きらびやかな本番のシーンはなし。

振付師役のマイケル・ダグラスは客席で不機嫌そうにしてるだけだし、

ダンサー役の役者たちはみな本職のダンサーだから日本人にはほとんどなじみがありません。

男女とも筋骨隆々たる体つきで美女もイケメンもいません。


ところが、そうした配役のおかげか画面には強力なリアリティがあり、

登場人物一人ひとりの舞台にかける思いに深く共感してしまいます。


なんといってもダンスがやはり素晴らしい。

特にリッチー役のグレッグ・バージの踊りは人間業とは思えないぐらいのキレです。

一次選考では何百人もいた参加者が17人に絞られ、そこから最終選考で8人だけが選ばれていく過程は、

見ていて我が事のように胸が苦しくなってきます。


悲喜こもごもあったあとの大団円(ぜひ大画面サラウンド音声で!)、

名曲「One」(ビールのCMでもおなじみ)がもう頭に鳴り響いて離れません。

 



「オール・ザット・ジャズ」
DVD発売中 ¥1,419+税 
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン


「シカゴ」「キャバレー」などのミュージカルの傑作を生みだしたブロードウェイの演出家であり映画監督でもある

ボブ・フォッシーの自伝的物語が「オール・ザット・ジャズ」(1979年 アメリカ)です。


主人公のギデオン(ロイ・シャイダー)は舞台制作と映画の仕事に没頭しながら酒と煙草と女、薬漬けの日々。

不摂生がたたってついに倒れて入院し、

死の間際に天使(ジェシカ・ラング)に心のうちを打ち明けながら走馬灯のように人生を振り返ります。


ギデオンが悩んだ末に創作する「エア・ロティカ」、

ラストシーン「バイバイ・ラブ」のダンスはあまりにも禍々しく、美しく蠱惑的。


フォッシーの実際の恋人だったというブロードウェイのスター、アン・ライキングは、

ギデオンの恋人というほぼ事実と同じ役どころで出演して、鮮やかなダンスを披露しています。


DVDの特典映像にはロイ・シャイダーの音声解説があって、これがまたいい。

アメリカの俳優が映画制作や役作りにどれだけ真剣に向き合っているかがよくわかります。




「ヘアスプレー」

価格 ¥1,800+税
発売元・販売元 株式会社KADOKAWA 角川書店
TM &(C) MMVIINew Line Productions, Inc.
(C)MMV IIINew Line Home Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


「ヘアスプレー」(2007年 アメリカ)は、1988年のジョン・ウォーターズによる

同名映画を元にした2002年初演のミュージカルを、再度映画化したもの。

ボルチモアのテレビ局の素人参加ダンス番組を巡る若者たちの物語です。


主人公のトレイシーは太めの体型をものともせず、

天真爛漫な魅力とパワフルなダンスで番組の人気者になっていきます。

時代は公民権運動真っ盛りの1960年、人種差別の問題も大きなテーマです。


トレイシー役のニッキー・ブロンスキーはオーディションで選ばれた新人ですが、その他は名優ぞろい。

トレイシーの父親にクリストファー・ウォーケン、母親(!)にジョン・トラボルタ。

恋人役は「ハイスクール・ミュージカル」のトロイ役で知られるザック・エフロン。

敵役の母親にミシェル・ファイファー。


「シカゴ」のクィーン・ラティファ、「 X-メン」のジェームズ・マースデンも重要な役どころで出ているほか、

オリジナル版の監督ジョン・ウォーターズや、初代トレイシー役のリッキー・レイク、

初代父親役のジェリー・スティラーもカメオ出演するという豪華さ。

俳優陣の素晴らしいダンスとノリのいい曲が満載で、ハッピーな気分になれること間違いなしの映画です。

 

卓越したエンタテインメントを堪能できるこれらの映画を、いま改めてホームシアターのサラウンド音声で鑑賞すると、

歌やタップ、客席の拍手などまるで本物の劇場にいるようで、感激はまたひとしおです。


円安で本物のブロードウェイはちょっと遠くなってしまいましたが、

年末年始は自宅のシアターでゆっくり、豪華絢爛なショービジネスの雰囲気に浸ってみてはいかがでしょうか。


よろしければ、デノンのAVレシーバー最上位機種 AVR-X7200 も店頭でチェックしてみてください。

AVR-X7200Wの製品ページはこちら



 (Denon Official Blog 編集部 Y)

Picture Placeholder: Kumiko Tachi
Kumiko Tachi posted to 豪華絢爛なダンスと歌を、ホームシアターで。 2014/12/26 2:14
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事