Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > 音楽のファイルフォーマットの種類
Category Name: ミュージック Posted Date: 2012-12-11
WAV,AIFF,FLAC,MPEG,MP3,MP4,AAC,WMAファイル。
これらは全て音楽をデータ化する時に使われる音楽ファイルフォーマットです。
音楽をパソコンに取り入れる際、音楽のデータはデジタル化されます。その時に活躍するのがファイルフォーマットです。ファイルフォーマットは何故こんなに種類が多いのでしょうか。今回はファイルフォーマットに焦点を当ててみたいと思います。
ファイルフォーマットには色んな種類がありますが、大きく分けると非圧縮非可逆(ロッシー)圧縮可逆(ロスレス)圧縮音声フォーマットの3つです。
非圧縮は分かりやすく言うとCDのデータをそのまま、パソコンに保存する事が可能であり、「WAV、 AIFF」のファイルフォーマットは非圧縮のグループに属します。非圧縮の1番のメリットはデータを失わずに格納する事です。CDの高音質をキープする事が出来ますが、デメリットとしてデータサイズが大きい分、例えば容量が限られたポータブルプレーヤーだとあまり多くの音楽を取り入れることができません。
非可逆(ロッシー)圧縮型は3種類の中で1番なじみがあるフォーマットです。たとえば、10のデータを1に圧縮する事で容量を抑えることができ、主に普及しているのが「MP3、AAC」のファイルフォーマットです。このフォーマットのメリットは容量の削減です。容量が少ないポータブルプレーヤーやパソコンでも多くの音楽を管理することができます。一方、デメリットとしてあげられるのは、音質が下がる事です。データを圧縮していますので必然的に何かを切り捨てています。圧縮には人間の耳の特性で聞き取りにくいといわれている、大きな音と同時に鳴っている「小さな音」や、中音域と同時に鳴っている「高音域や低音域の音声」を収録していないので、音を鮮明に聞きたい人には非可逆(ロッシー)圧縮型は物足りなく聞こえるかもしれません。
テクノロジーの発展を体現しているのが可逆(ロスレス)圧縮音声フォーマットかもしれません。非圧縮と非可逆(ロッシー)圧縮の間に位置していますので1番のメリットはファイルを圧縮しつつ音質などもキープする事が出来ます。しかし、最新の音声フォーマットなので、対応しているプレーヤーが必要になります。
ネットワーク対応オーディオシステム CEOL N8
例えばデノンならAVアンプでは、AVR-1713/2113/3313/4520。ミニシステムではCEOL N8/N5シリーズやDNP-F109が、可逆(ロスレス)圧縮ファイルであるFLACファイルの再生が可能です。
色んな種類がありますが、それぞれのメリット・デメリットを通して使い分ける事が音楽を最適に楽しむ事だと思います!
Picture Placeholder: tsuji Shoichiro
tsuji Shoichiro posted to 音楽のファイルフォーマットの種類 2012/12/11 0:37
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
    • Real-wood Series
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事