Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > プリメインアンプの新たなフラッグシップモデル PMA-SX1登場
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2014-09-02

 


デノンのプリメインアンプの新たなフラッグシップモデルがついに登場しました。

その名もPMA-SX1。


昨年デビューし数多くの賞を獲得、オーディオファンから圧倒的な支持を得たスーパーオーディオCDプレーヤーDCD-SX1と双璧を成す、

デノンの新世代Hi-Fiシステムの頂点です。

詳細はプレスリリースをご覧いただくとして、ここではPMA-SX1の特長について、いち早くレビューします。


DCD-SX1の詳細はこちら: プレスリリース


 


プリメインアンプ    PMA-SX1

580,000円(税抜価格) 10月中旬



「ついに」と言っていいでしょう。PMA-SXから6年、新たなフラッグシップモデルであるPMA-SX1の登場です。

昨年すでにスーパーオーディオCDプレーヤー DCD-SX1が発売され、多くの賞を獲得するなど高い支持を得ていますが、

PMA-SX1はDCD-SX1と対をなすプリメインアンプです。


PMA-SX1の開発のコンセプトは、「信号を増幅して、スピーカーを駆動する」という役割に特化することでした。

徹底的に余計なものを削り落としています。


写真をご覧ください。

操作子は電源を除けば、ボリウムと入力セレクターだけです。

トーンコントロールもバランスコントロールも、ヘッドホン端子もありません。


PMA-SX1が目指したのは、入力された音楽情報をできるだけピュアに、色づけすることなく送り出すこと。

そのために必要な機能だけに絞り込み、徹底的に回路や構成を磨き上げることで、

アナログレコード、CD、そしてファイルオーディオまで、あらゆる音楽ソースを緻密かつ高精度に再生し、

アーティストや制作者の意図や情熱を余すことなく表現します。


アンプのメイン機能である「増幅」と「駆動」は、これまでのフラッグシップモデルを継承した全段バランス構成としています。

バランス構成は筐体のサイズも、必要とされるパーツも大幅に増えてしまいますが、

ノイズや回路間の干渉が低減されるために、極めて純度の高い再生が行えます。


これはデノンのアンプ技術の原点である1993年発売の「POA-S1」開発時から一貫し、フラッグシップクラスだけが採用している方式です。

またアンプの心臓部である大電流増幅素子「UHC(Ultra High Current) MOS FET」には

定格電流、瞬時電流ともに従来の2倍の容量をもつ新型を搭載。


一段と余裕のある駆動と緻密で高精度なスピーカー駆動を実現しています。


 


このように「増幅」と「駆動」にフォーカスし、徹底的に研ぎ澄まされたPMA-SX1ですが、一方で新たに開発された要素が2つあります。


1つは、アナログレコードファンには嬉しいフォノイコライザーでの新機能で、MC入力端子にHighとLowのインピーダンス切り換えが搭載されました。


HighモードはハイインピーダンスのMCカートリッジにあわせて設計しており、

デノンで50年にわたり販売され続けているMC型カートリッジ DL-103 にその特性が最適化されています。

もちろん、DL-103以外でも使用可能です。



 


もう一つはリモートコントローラーの付属です。

デノンはこれまでハイエンドアンプはリモコン非対応でした。


しかしアンプを操作していない時にマイコンの電源が完全にオフとなるマイコンストップモードを搭載することで、

音質への影響を完全にシャットアウト。

より便利に操作できる快適なリスニング環境を提供しています。


 


さらに特筆すべきは、重厚でありながら洗練されたシンプルさを醸し出すデザインです。

ツマミやスイッチフロントパネルが最小限まで削ぎ落とされたミニマルデザインは、

デノンらしさを保ちながら、今までにないテイストを目指した新たなデザインコンセプトといえるでしょう。


フロントパネルにはなんと最大15mmもの厚さを持つアルミの無垢材が使用されています。

そしてボリウムツマミの周囲には琥珀色のイルミネーションを採用しました。


静謐にしてモダン、そんな印象を感じさせます。

イルミネーションはオフにも設定できます。


PMA-SX1は、2014東京インターナショナルオーディオショウ(9月23日ー25日 東京国際フォーラムで開催)にて初お披露目の予定です

試聴ができるのは、このイベントが一番乗りです。



(Denon Official Blog 編集部I)

Picture Placeholder: Kumiko Tachi
Kumiko Tachi posted to プリメインアンプの新たなフラッグシップモデル PMA-SX1登場 2014/09/02 4:36
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事