Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > 音楽ドキュメンタリー映画「黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ」
Category Name: ミュージック Posted Date: 2014-07-08

masclesholes_title.jpg

7月12日から全国で公開予定の音楽ドキュメンタリー映画「黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ」をご紹介します。


マッスル・ショールズとは、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ボノ(U2)、アレサ・フランクリンらが愛した伝説のスタジオです。

ロック、ソウルマニアであれば「伝説」どころではなく「聖地」であると言い切るほど有名なスタジオであり、

パーシー・スレッジのデビューシングルである「男が女を愛する時」、ウィルソン・ピケットの「ダンス天国」「ムスタング・サリー」、

そしてローリング・ストーンズの「ブラウン・シュガー」「スティッキー・フィンガーズ」など、

ポピュラーミュージック史に輝く数多くの名曲がこのスタジオで録音されました。


Dblogmasclesholes82014.jpg

ではマッスル・ショールズとは、実際どんなところなのでしょうか。

この映画で初めて知りましたが、マッスル・ショールズとはアメリカ アラバマ州のテネシー川のほとりにあるごく平凡で小さな街であり、

ポピュラー界の大スター達が足を踏み入れるとはとても思えない、田舎にあるスタジオです。


なぜこの辺鄙な場所にあるスタジオで、今なおポップスの歴史に燦然と輝く名作たちが生まれたのでしょうか。

それを探るのが、この音楽ドキュメンタリー映画「黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ」です。


これは音楽ドキュメンタリー映画ですので、ネタバレを心配せずにご紹介します。

ドキュメンタリーのメインストーリーはマッスル・ショールズのFAMEスタジオ創設者であるリック・ホールが語ります。

そしてインサートでミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ボノ(U2)、クラレンス・カーター、ウィルソン・ピケットなど、

ロック、ソウルの大御所たちが出てきては、マッスル・ショールズの魅力について証言します。

この面々の豪華さには驚かされます。


Dblogmasclesholes52014.jpg

リック・ホール


Dblogmasclesholes42014.jpg

キース・リチャーズ


Dblogmasclesholes12010.jpg

パーシー・スレッジ


Dblogmasclesholes62014.jpg

アレサ・フランクリン


Dblogmasclesholes22012.jpg

アリシア・キーズ



この映画では、マッスル・ショールズサウンドの謎を解き明かすような面白いエピソードが数多く語られますが、

私(編集部I)がいちばん印象深かったのは、「スワンパーズ」とのちによばれることになる

マッスル・ショールズのスタジオで演奏していたスタジオミュージシャンたちが、実はほとんど地元の白人の若いミュージシャンだったことです。

それもヒップなミュージシャンではなく、真面目な学生さんみたいな、ふつうの感じの白人青年でした。


Dblogswampers2013.jpg

「男が女を愛する時」から始まって、続々とマッスル・ショールズで録音された楽曲が大ヒットとなりはじめたころ、

音楽ファンだけでなく、ソウル界の黒人アーティストたちでさえも、

かのマッスル・ショールズには凄腕のソウルフルな黒人ミュージシャンが揃っているのだと思っていたそうです。


私もこの映画を見るまでずっとそう思っていたので、かなり驚きました。

映画の中でスワンパーズの一人が、自分たちは決して一人一人は凄腕ではないが、

いっしょに演奏すると特別なグルーブが生まれてくる、という意味のことを語っています。


確かにスワンパーズが紡ぎ出すグルーブは、個人個人が練習して獲得する能力というより、

音楽をよく理解したミュージシャンが、最大限リラックスしてノリまくった時だけ生み出すことができる化学反応のようなものかもしれません。


そしてそれを可能にする器が、マッスル・ショールズというスタジオなのではないでしょうか。


Dblogmasclesholes72014.jpg

ちなみにニューヨークやロスなどの大都会のレコードスタジオはスタジオ代も高く、

楽譜をスラスラ読めるミュージシャンがたくさんいて(今も昔もです)楽譜を前にして一日で何曲も録音していってしまうそうですが、

片田舎のマッスル・ショールズでは、ミュージシャンたちはあまり譜面が得意でなく、

アーティスト本人と何度もリハを繰り返しながら、どんどん即興でアレンジを変更し、グルーブを練り上げていくという方法だったようです。


このあたりもマッスル・ショールズサウンドのマジックを解くひとつの鍵かもしれません。

ああ、もうこれ以上は、読むより、ぜひ映画館で体験していただきたく、リコメンドさせていただきます。

音楽ドキュメンタリー映画として優れた映画ですので、ロック・ソウルファンだけでなく、すべての音楽ファンにオススメしたいと思います。


poster1.jpg

7月、新宿シネマカリテほか全国順次公開予定。


黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ公式サイト: http://muscleshoals-movie.com/index.html

黄金のメロディ〜マッスル・ショールズFacebookページ: https://www.facebook.com/ougon.muscleshoals/info



 (Denon Official Blog 編集部I)

Picture Placeholder: Kumiko Tachi
Kumiko Tachi posted to 音楽ドキュメンタリー映画「黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ」 2014/07/08 0:25
 

 デノン公式サイト一覧

 
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事