Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > おうち劇場化計画 その2 AVアンプとは?
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2013-12-17



この連載「おうち劇場化計画」では、ご自宅に構築するホームシアターについて解説していきます。
前回は、ホームシアターのキーとなる「サラウンドサウンド」についてご紹介しました。
今回はサラウンドサウンドシステムの中心となる機器、AVアンプについて、そしてホームシアターを組む際のポイントについても解説します。

● そもそもAVアンプとオーディオ専用アンプの違いは?

オーディオファンにとってアンプといえば、プリアンプやパワーアンプのイメージがあるでしょう。しかし、それらのアンプが扱えるのは通常のステレオサウンド(2ch)だけです。

それに対してホームシアターは音と映像を組み合わせて楽しむもの。だから音と映像を一緒に処理でき、しかも5.1chなどのサラウンドサウンドが再生できるAVアンプを使います。ちなみにAVアンプの「AV」はAudioとVisualから来ています。

映像のソースは、DVDやブルーレイディスクの再生機、ゲーム機、ケーブルテレビのチューナーなどいろいろなものがあります。AVアンプは、それらを切り替えながら使えるように、接続端子の数や種類も多く用意されています。
つまり、複数の映像関連の機器をつないで、サラウンドサウンドで映像と音声を楽しむために必要なのがAVアンプなのです。
また、AVアンプはホームシアターとしての活用のほかにも、スマートフォンとの連携やネットワークオーディオといった新しい使い方も楽しめます。

● ホームシアターの基本的な構成

それではAVアンプを中心にシステムを組む際にはどんな機器が必要になるでしょうか。
ホームシアターは、「再生機からのデータを受け取ったAVアンプが映像と音声に分けて、映像はテレビやプロジェクターへ、音声はスピーカーへ送る。」という仕組みになります。したがってホームシアターシステムには次のものが必要となります。

・ DVDプレーヤーやブルーレイディスクプレーヤーなど:再生機器
・ AVアンプ
・ テレビ、またはプロジェクターとスクリーン:映像を映す役割
・ スピーカー(フロントスピーカー、センタースピーカー、リアスピーカー、サブウーハーなど):音を再生する役割

● ホームシアターシステムの要となるAVアンプ

ホームシアターシステムで一番の要になるのは、AVアンプです。ホームシアターシステムを組む部屋の広さや、使用する機器などに応じて、最適なAVアンプを選ぶ必要があります。
具体的には以下の要素がポイントとなります。

・ アンプの出力(お部屋の広さにより決めるなどの方法があります。)
・ 映像と音声の入力できる端子数(プレーヤー、ゲーム機など入力ソースの種類)-ex.HDMI,コンポーネント入力,コンポジット入力,アナログ入力,デジタル入力,etc
・ 映像の出力の数(テレビとプロジェクターの同時接続など)-ex.HDMI,コンポーネント出力,コンポジット出力
・ 接続できるスピーカーの数(サラウンドのタイプ。5.1ch,7.1chなど)

ではデノンのAVアンプAVR-Xシリーズ3モデルを例に挙げて、
選択のポイントをチェックしてみましょう。


マイルームにおすすめ AVR-X1000



AVR-X1000は、基本を押さえた5.1ch用のAVアンプです。5つのHDMI入力端子と1つのアナログ入力端子を装備しており、ベーシックなシステムを構築するのにぴったりです。マイルームに置くのにちょうどよいでしょう。
AVアンプ AVR-X1000の詳細はこちら。


リビングにおすすめ AVR-X2000



AVR-X2000は、AVR-X1000よりも出力が大きいのでリビングの大型テレビに接続して、家族で楽しむのに最適です。7.1chにも対応しているので、将来的にスピーカーの数を増やすこともできます。
AVアンプ AVR-X2000の詳細はこちら。


プロジェクターも使いたい方におすすめ AVR-X4000



AVR-X4000はAVR-X2000よりさらに出力が大きいので、かなり広いリビングでもご満足いただけるでしょう。
機能や端子の数も充実しています。HDMI出力端子を3つ搭載し、大型テレビとプロジェクターを同時に接続できます。「昼は大型テレビで楽しんで、夜になると部屋を暗くしてプロジェクターで映画鑑賞」といった、こだわり派にピッタリです。
AVアンプ AVR-X4000の詳細はこちら。


予算についてはAVR-X1000が53,000円(希望小売価格、税別)、デノンの5.1ch分のスピーカーがセットで10万円(希望小売価格、税別)からありますので、だいたい15万円くらいから本格的なAVアンプとマルチチャンネルスピーカーを揃えることができるでしょう。

次回は、ホームシアターの設置方法について解説します。
デノンのAVサラウンドレシーバーAVRシリーズについてはこちら

(Denon Official Blog 編集部 O)

Picture Placeholder: tsuji Shoichiro
tsuji Shoichiro posted to おうち劇場化計画 その2 AVアンプとは? 2013/12/17 1:07
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
    • Real-wood Series
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事