Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > テレビの音、DHT-T100 でグレードアップしませんか!
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2013-12-10

液晶テレビは最近大型化が進んできて迫力のある映像が楽しめるようになりました。

でもその一方で「画面の迫力が増した割には、音は良くなっていないな」と感じている方、多いのではないでしょうか。

それもそのはず、テレビは薄型になったことで、内蔵されるスピーカーはどんどん小型になっています。

スピーカーをいい音で鳴らすためには物理的な大きさを必要とするため、

スピーカーを小型化した結果、画面の大きさに見合うような迫力のある音がなかなか出せなくなっています。


でもせっかく画面が大きいんだから、いつものテレビの音もより迫力のある音で楽しみたいですよね。

そこでご紹介したいのが、

「毎日のテレビを、今日からは新しい音で。」というキャッチコピーで登場したTVスピーカーベースDHT-T100です。


1210_1.jpg


TVスピーカーベース DHT-T100


DHT-T100のいいところは、まずなんといっても「省スペース」です。

TVスピーカーベースというだけあって、まるで野球のベースのような形状ですが、

テレビの下に設置するタイプなので、置き場所に困ることはありません。


しかもウーハー一体型なのでこれひとつでOK。

一般的なホームシアターのように部屋にスピーカーを何本も置く必要もないのです。

設置できるテレビは、最大50インチ(27kgまで)まで。かなり大型のテレビにまで対応しています。


DblogP1190881.jpg

次のメリットは、セッティングがとても簡単なところです。

一般のホームシアターシステムであれば、何本かのスピーカーを部屋に設置して
それぞれをケーブルで結線しますが、DHT-T100なら本体とテレビを付属の光ケーブル1本でつなぐだけ。

これだけで準備完了です。


DblogP1190896.jpg

ちなみにリモコンも、このように超シンプル。操作もカンタンです。


DblogP1190891.jpg

DVDで映画などを観るときに便利なのが「デノンバーチャルサラウンド」。

前方のスピーカーだけで、あたかも背後からも音が聞こえるようなサラウンド効果を作り出すことができる独自の技術です。

5つのリスニングモードから最適なモードを選べます。


特に便利なのが、夜など大きな音が出せないときに効果を発揮する「ナイトモード」。

大きな音を抑えながら、小さな音でも迫力のある音を楽しめるように

チューニングされており、セリフも聞こえやすくします。


そして最後のポイントは、Bluetooth対応!

スマホやタブレット、パソコンなどからDHT-T100へ音楽をワイヤレスで送ることができます。

高音質なaptXコーデックに対応しているため、ワイヤレスなのに音質はCDなみ。

テレビを観ていないときには、リビングのオーディオシステムとしてもお使いいただけます。


DblogP1190910.jpg

というわけで、年末年始はぜひ、DHT-T100でナイスなサウンドのテレビライフをお送りください。

ちなみに、ただいま購入者限定!合計100名様にブルーレイディスクまたはiTunesカードが抽選で当たる

プレゼントキャンペーンを実施中! 

この機会にぜひご検討ください。


TVスピーカーベース DHT-T100 100名様ドーンとプレゼントキャンペーン(1/13まで)

http://www.denon.jp/jp/campaign/dhtt100.html



 (Denon Official Blog 編集部I)

Picture Placeholder: Kumiko Tachi
Kumiko Tachi posted to テレビの音、DHT-T100 でグレードアップしませんか!  2013/12/10 3:04
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
    • Real-wood Series
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事