Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > TVスピーカーベースDHT-T100のサウンドを体験!
Category Name: 製品の魅力 Posted Date: 2013-10-17

「毎日のテレビを、今日からは新しい音で」というキャッチコピーで10月11日に発表されたTVスピーカーベース「DHT-T100」。

先日、D&M 恵比寿リスニングルームでちょっとしたお披露目を兼ねた体験会がありました。


DblogP1180962.jpg

体験会はまず製品の紹介から始まりました。

「DHT-T100は、TVスピーカーベースというテレビの下に敷く新しいタイプのスピーカーです。

最大で50インチまでの大型テレビ(27kgまで)に対応しています」と担当者。


これまでテレビ用スピーカーとして一般的なのは、テレビの前に置く「サウンドバー」と呼ばれるタイプでした。

しかし、別体になっているサブウーハーを置く場所に困ったり、最近のテレビは枠がとても細いため、

画面にバースピーカーが掛かってしまうことがありました。


その点、DHT-T100はウーハー一体型。しかも本体の上にテレビを載せる設計になっているので、とても省スペースです。

担当者による接続の実演も、ケーブルをたった1本つなぐだけなので、アッという間に終わりました。


DblogP1190021.jpg

説明が済んだところで、肝心の音の試聴となりました。

最初はテレビ本体に内蔵されたスピーカーで、映画コンテンツを試聴してみます。

最近のテレビは薄型になった影響でスピーカーが小さくキャビネット容量も少ないため、どうしても音に限界がありますよね。


ひとしきりテレビ本体のスピーカーで試聴したところで、DHT-T100の音を聴いてみます。

音量も、音質も、いい意味で期待を裏切る感じ。正直言って、見た目をはるかに超えたスケールのあるサウンド。

実は正面の狭いスペースの中に楕円形のウーハーが入っているため、しっかりとした低音が出るようになっています。

最初に音が出た瞬間には、試聴しているみなさんにも驚きが走ったようです。


「DHT-T100 デノンバーチャルサラウンドに対応しているので、一体型であるにもかかわらず、リアルなサラウンドが楽しめます。

また、大きな音を抑えつつセリフなどの小さな音をクリアに出す『ナイトモード』も搭載していますから、家族が寝た後に映画を楽しむときにも便利です」と担当者。


それともうひとつ、音楽ファンとしては見逃せないのがBluetoothへの対応。

CD並みの高音質を実現するaptXコーデックに対応しているので、スマホなどとワイヤレスでつなげば、音楽も簡単にいい音で再生できます。

これもかなり便利なポイントといえるのではないでしょうか。


DblogP1190026.jpg

操作部とリモコンはこんな感じ。

とてもシンプルなのですぐに使いこなせそうですね。なおDHT-T100は、テレビのリモコンからも操作できます。


DblogP1180999.jpg


試聴後は質問コーナーとなりましたが、かなり突っ込んだ質問もあり、みなさん、かなり関心を持った様子です。


これから年末年始は、家族や友人とテレビを見る機会も増えるシーズン。

ラクラク設置できるワンボディで、手軽に大迫力のサラウンドが楽しめるDHT-T100を、ぜひチェックしてみてください。


DHT-T100の詳細はプレスリリースをご覧ください。



 (Denon Official Blog 編集部I)

Picture Placeholder: Kumiko Tachi
Kumiko Tachi posted to TVスピーカーベースDHT-T100のサウンドを体験! 2013/10/17 2:41
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
    • Real-wood Series
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事