Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > スーパーオーディオCDプレーヤーの頂点モデル「DCD-SX1」など3モデル発表!
Category Name: お知らせ Posted Date: 2013-08-27

​2013年8月21日、恵比寿リスニングルームにて、D&M新製品発表会が開催されました。
そこでデノンのスーパーオーディオCDプレーヤーの頂点モデル「DCD-SX1」、スーパーオーディオCDプレーヤー「DCD-1500RE」、
プリメインアンプ「PMA-1500RE」の3モデルが発表されました。

1377577119249644.jpg

「DCD-SX1」は、1982年に世界初のCDプレーヤーを発売したデノンが「30年の集大成」として磨き上げたCDプレーヤーの
新たなるフラッグシップモデル。
世界に先駆けてデジタル録音・再生を手がけたデノンの持てる技術のすべてが投入されました。
またCDやSACDのディスク音源だけでなく、ハイレゾ音源に対応する最先端のUSB-DAC機能も搭載しています。

1377577153249646.jpg

製品紹介のプレゼンターはサウンドマネージャーの米田晋が担当。

デノンが、1972年に世界初の業務用PCMレコーダー「DN-023R」でデジタル録音を行ったことに端を発し、
いかに音源のデジタル化、その録音と再生に取り組み、そのプロセスでさまざまな困難をどのように克服してきたのかを説明。

DCD-SX1が到達した「頂点」というにふさわしい音質を実現した技術の数々について

「私たちは世界で初めて業務用PCMレコーダーを開発し、デジタル録音を行いました。そしてその後もレコーディングの現場で、
大変な苦労を重ねてきました。デジタル録音/再生におけるテーマは2つあります。
それは『失われた音楽情報の再現』そして『正確なD/A変換』です。

この2つのテーマは、今なおCDプレーヤーに求められている最大のテーマでもあります。
DCD-SX1は、それらを現在最高水準であるアナログ波形再現技術『Advanced AL32 Processing』と
デジタル駆動技術『HD Master Clock Design』によって、実現しています」(米田)

など、詳細な解説を行いました。

機能の詳細や歴史についてはDCD-SX1のスペシャルサイトをご覧ください。

DCD-SX1スペシャルサイトはこちらです。
DCD-SX1のニュースリリースはこちらです。

1377577194249648.jpg

そして引き続きスーパーオーディオCDプレーヤー「DCD-1500RE」、プリメインアンプ「PMA-1500RE」も紹介。
クラス最高の評価を受け続けてきたロングセラーモデルである「DCD-1650シリーズ」「PMA2000シリーズ」の直系として、
1クラス上のパフォーマンスを実現したモデルです。上位モデルで定評のある技術や機能が多数投入されています。

機能の詳細についてはDCD-1500RE、PMA-1500REのニュースリリースをごらんください。

1377577051249642.jpg
発表会場には実機が展示されました。DCD-SX1の内部は銅メッキされた肉厚のアルミプレートが美しく輝いています。

1377577021249641.jpg
こちらはPMA-1500REの内部。シンメトリーに配されたパーツ。ギッシリ感がスゴイです。

1377576973249640.jpg
中をのぞき込むプレス関係の方も多数いらっしゃいました。

1377577215249649.jpg
記者発表終了後の試聴会も大盛況でした。
DCD-SX1のサウンドは、スピーカーの向こう側に本当に演奏者がいるようなリアリティ。音の立ち上がりの俊敏さ、
そして楽器音の艶の深みには驚きました。まさに息を呑むほどのリアリティです。

DCD-SX1スペシャルサイト
DCD-1500RE、PMA-1500RE 製品情報


 (Denon Official Blog 編集部I)

Picture Placeholder: AP Team
AP Team posted to スーパーオーディオCDプレーヤーの頂点モデル「DCD-SX1」など3モデル発表! 2013/08/27 1:14
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
    • Real-wood Series
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事