Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > イヤホンは自分に合ったサイズのイヤーピースを選ぶことが大切
Category Name: ミュージック Posted Date: 2013-01-31

耳の穴の中にイヤーピースを入れるカナル型イヤホンでは、耳が密閉されることが重要となります。

イヤーピースが耳のサイズに合っていないと本来の音質が得られなかったり、音漏れの原因になりますので、自分の耳にフィットしたイヤーピースを使いましょう。

どのイヤーピースが自分の耳にフィットしているのか。
確かめる方法をここではご紹介させていただきます。

インナーイヤーステレオヘッドホン「AH-C250」

カナル型イヤホンを買うと、ほとんどの場合、複数のサイズやタイプの違うイヤーピースが付属しています。耳の穴のサイズ別に、S・M・Lが入っている場合が多いです。

もともとカナル型イヤホンについているイヤーピースをそのまま使っても良いのですが、せっかくですのでいろいろなサイズやタイプの付属イヤーピースを試してみて、よりフィットしたものを使うようにしましょう。

装着感や遮音性などを検証し、バランスの良いものを使うことをおすすめします。

イヤーピースが大きすぎたり小さすぎたり、思うようにフィットせず使っていると、低音が不足したり、イヤーピースが落ちてしまったり、音が漏れてしまったり、外の音が入ってきてしまうことがあります。

人によっては左右の耳で穴の大きさが違ったり、外耳の形が違う場合もあり、イヤーピースのタイプも左右で変える必要がでてくる場合があります。

付属のイヤーピースでどうしても合わないと感じる場合は、別売りのイヤーピースを使うことも方法の一つです。メーカーによってイヤーピースの形やサイズ、素材などが異なりますので、自分に合うものに出会えるかもしれません。

なお、デノンのカナル型イヤホンでは、女性にもやさしい装着感のイヤーピースを揃えています。「AH-C400」や「AH-C250」などではイヤーピースを4サイズ展開しており、Sよりもさらに小さいサイズ「XS」も付属しています。
本物の音にこだわった、インナーイヤーヘッドホンはこちらから​​

Picture Placeholder: Mike Takahashi
Mike Takahashi posted to イヤホンは自分に合ったサイズのイヤーピースを選ぶことが大切 2013/01/31 3:29
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
    • Real-wood Series
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事