Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Posts > ジャンルを超えた様々な活動を展開するサックス奏者:寺地美穂さん
Category Name: ミュージック Posted Date: 2013-01-22

今回はデノンとタイアップしているアーティスト、“寺地美穂”さんをご紹介をいたします。使用しているヘッドホンのレビューも伺いました!


●寺地美穂さんのプロフィール紹介
1984年9月1日 札幌出身、東京在住。

2004年~ 音楽療法を学びにニューヨーク州立大学へ留学。在学中、ジャズに影響を受け、大学近くのバーやレストランで演奏活動を開始。
専攻を音楽療法からジャズ学科に変更し、本格的にジャズを学び始める。

一時帰国中、北海道放送HBC-TV「トレジャーボックス」のオープニング&エンディングテーマを演奏。
(2006年10月〜2007年1月放送)

New York市近郊のライブハウスやバー、レストラン、マンハッタンの地下鉄で演奏活動を繰り広げ武者修行し、2007年に帰国。
その後、東京と札幌を往復しながら自己グループでのライブ活動を開始。

現在、自己グループでのライブのほか、セッションやレコーディング、J-pop、ロック、ソウル、ジャズ・シンガーのサポートやライブゲスト出演、などジャンルを超えた様々な活動を展開している。

 

●ミュージックマニアック「AH-D600」を使った感想をお聞きしました!

ライブやコンサートを観た後、音に揺さぶられたカラダと頭が少しぼーっとする感じまで体験できてしまうほど、ずっしりとした厚みで迫りくる低音域、透明感がありなめらかな中音域、適度な主張がありつつも繊細で嫌みの全くない高音域と、、、どこまでも広がっていく音が何とも心地よく、もっと聴いてみたい、ずっと聴いていたいという気持ちにさせられます。歌い手の細かな息づかいからキレのあるベースラインまで臨場感たっぷりなその音圧で体が揺さぶられ、時間を忘れて音楽にどっぷり浸ってしまうヘッドホンに出会いました!

このヘッドホンを通して自分のアルトサックスの音源を聴いてみると、一粒一粒の音が立体的に浮かび上がりとても鮮明に聴こえてくるので、中低音のザラッとしたアコースティックな質感など、今まで聴こえづらかった音の細かい質感がしっかり伝わってくるのは嬉しい所です。

そして、このヘッドホンの大きな魅力のヒトツは、低反発素材でつくられたイヤーパッドの長時間のリスニングにも難なく堪えうる着け心地の良さ。

また、どんなスタイルにも馴染むシンプルで品のあるモノトーンのデザインは、持っているだけで贅沢な気分にさせられます。

いつも聴いている音楽をぜひこのヘッドホンで聴いてみてください。きっと聴こえて来る音の世界が広がります!

●寺地美穂さんについて詳しく知りたい方はこちらまで!
ブログ:http://angelseyes.exblog.jp

Picture Placeholder: Mike Takahashi
Mike Takahashi posted to ジャンルを超えた様々な活動を展開するサックス奏者:寺地美穂さん 2013/01/22 3:41
 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
    • Real-wood Series
 

 アーカイブ

 
 

  RSS Feed

 

 

 関連記事