Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Categories
Bamboo Community Blog Site Template

歴史

2017.11.02

動画あり!ニッポノホンを聴いてみた

10月1日はデノンの創立記念日でした。昨年からディスプレイされている蓄音機。これは明治43年に製造されたもので、実はちゃんと音を鳴らすことができます。社内の人間でも音を聴いた人が少ないこの蓄音機を創立記念のこの絶好のタイミング(遅い)に、、編集部が関係各所のご協力のもと、特別に鳴らしてみました。動画もあります。

歴史

2014.07.03

銘機探訪 DP-3000 PART2

歴代のデノン製品から、高い支持を受けたモデルを紹介する銘機探訪。一世を風靡したダイレクト・ドライブ・サーボターンテーブル DP-3000(1972年発売)のPART2は、学生時代にアルバイトをしてDP-3000を購入したという社員Yに、購入した当時のエピソードを聞きました。

歴史

2014.07.02

銘機探訪 DP-3000 PART1

歴代のデノン製品から、高い支持を受けたモデルを紹介する銘機探訪。今回は大ヒットを記録し一世を風靡したダイレクト・ドライブ・サーボターンテーブル「DP-3000」(1972年発売)をご紹介します。なぜ今なお、DP-3000は銘機として語り継がれているのでしょうか。アナログレコードの人気が再燃しつつある今、あらためて振り返ってみたいと思います。

歴史

2014.05.13

銘機探訪 DCD-S1 PART2

歴代のデノン製品から、高い支持を受けたモデルを紹介する銘機探訪。今回はCDプレーヤーDCD-S1の第2回です。当時のプロモーションでは、オーディオファンの家を訪問して試聴していただく「自宅試聴」という活動が行われていました。

歴史

2014.05.08

銘機探訪 DCD-S1 PART1

歴代のデノン製品から、高い支持を受けたモデルを紹介する銘機探訪。今回から2回に渡り、1994年発表のCDプレーヤーDCD-S1を取り上げます。当時はオーディオ不況の真っただ中。大量販売の低価格路線に移りつつある中、「デノンは本物のオーディオ機器を作りたい」という想いを結集したのがS1シリーズ。その中でも非常に高い人気を誇り、ロングセラーとなったモデルが、DCD-S1でした。

歴史

2014.04.01

銘機探訪 POA-S1 PART2

歴代のデノン製品から、高い支持を受けたモデルを紹介する銘機探訪。今回はモノラルパワーアンプPOA-S1(1993年)の2回目です。このとき生まれたキーテクノロジーUHC-MOS。その性能を最大限に発揮させるためには、UHC-MOSを支える技術の開発も必要でした。

歴史

2014.03.25

銘機探訪 POA-S1 PART1

歴代のデノン製品から、高い支持を受けたモデルを紹介する銘機探訪。今回は1993年に発表されたモノラルパワーアンプPOA-S1を取り上げます。

歴史

2014.03.06

デノンを作った人穴澤 健明さん その4 「デジタル録音のエピソードとメッセージ」

元日本コロムビアの録音エンジニアの穴澤 健明さん。世界初の商用デジタル録音のお話もいよいよ最後となりました。第4回は、美空ひばりさんのデジタル録音の話などのエピソードと、音楽ファンに向けたメッセージです。

歴史

2014.02.28

デノンを作った人穴澤 健明さん その3 「世界初のデジタル録音は、スメタナ四重奏団」

元日本コロムビアの録音エンジニアの穴澤 健明さんです。穴澤さんは、CD登場の10年前である1972年に世界で初めての商用デジタル録音に携わった方。第3回は、世界初のデジタル録音の演奏者であるスメタナ四重奏団への想いを話していただきます。

歴史

2014.02.25

デノンを作った人 穴澤 健明さん その2 「デジタル録音に向けたデノンの取り組み」

元日本コロムビアの録音エンジニアの穴澤 健明さんです。穴澤さんは、CD登場の10年前である1972年に世界で初めての商用デジタル録音に携わった方。第2回は、デジタル録音に向けた、当時のデノンの取り組みについて話していただきます。

歴史

2014.02.20

デノンを作った人— 穴澤 健明さん その1 「デノンが世界初の商用デジタル録音を手掛けた理由」

元日本コロムビアの録音エンジニアの穴澤 健明さん(現在一般社団法人日本オーディオ協会 理事)。CD登場の10年前である1972年に世界で初めての商用デジタル録音に携わった方。第1回は、デノンが世界初のデジタル録音を手掛けた背景についてです。

歴史

2014.01.14

銘機探訪「DP-S1 & DA-S1」PART2

オーディオファンなら見逃せない、デノン伝説のモデルをご紹介する「銘機探訪」。第2回は、伝説的なCDトランスポート DP-S1 とD/Aコンバーター DA-S1のパート2です。

歴史

2014.01.07

銘機探訪「DP‐S1 &DA-S1」 PART1

オーディオファンなら見逃せない、デノンの伝説のモデルをご紹介する「銘機探訪」がスタート! 記念すべき第1回は、伝説的なCDトランスポート DP-S1 とD/Aコンバーター DA-S1 が登場。

歴史

2013.09.20

世界初のデジタル録音はデノン

CDの規格が決まるよりも前にデジタル録音が行われていたという話、ご存知でしょうか? 実は世界初のデジタル録音を成し遂げたのは、デノンだったのです。

歴史

2013.09.12

50年前から作り続けているデノンのレコード針 DL-103

デノンでは50年前からDL-103というレコード針を作り続けています。実はこのDL-103、FMステレオ放送で流す音楽を再生するために、NHKとデノンが共同開発したものなのです。今回はそのエピソードを紹介しましょう。

歴史

2013.08.01

InterFMを支えるデノンたち Part2

InterFM(76.1MHz TOKYO / 76.5MHz YOKOHAMA)を支えるデノンの機器をご紹介するレポート第2弾!今回は、プロの放送の世界で使われている録音メディアは実は「MO」!という驚きのレポートをお送りしましょう。

歴史

2013.07.24

InterFMを支えるデノンたち Part1

InterFM(76.1MHz TOKYO / 76.5MHz YOKOHAMA)は洋楽を中心とした質の高いプログラムで音楽ファンから高く支持されているFMステーションです。その放送を「デノンの機器が支えている」という話を聞きつけた編集部は、さっそく見学に出かけてみました。

歴史

2013.06.23

こんにちは、デノンです。【よくあるご質問にお答えします!】

弊社の社名に関して「デノン」と「デンオン」どちらなの? というご質問をいただくことがあります。DENONは、2001年に社名を海外での発音と同じ「デノン」に統一いたしました。

歴史

2013.03.14

ジョージ・ルーカスとデノンの意外な関係とは…

先日発表された第85回では、作品賞や監督賞などの主要4部門を全て異なる作品が賞を分け合うなど、史上稀にみる混戦として大いに話題になりました。

歴史

2013.02.28

繊細で力強いアンプの誕生

デノンHi-Fiアンプでは増幅素子に「UHC-MOS-FET」を使用しています。

歴史

2013.01.25

新しい時代の誕生を祝う年、1996年

今回は1996年に生まれたデノンの製品を紹介したいと思います。

歴史

2013.01.23

1995年に誕生したデノン製品

​今回は1995年に焦点を当て、デノンの歴史についてお伝えしようと思います。

歴史

2012.12.31

「デノンと私」 私の”音”はデノンとともに歩み、成長してきた

2010年に創立100周年を迎えたデノン。100周年記念キャンペーンとしてデノンにまつわるエピソード、『デノンと私』を募集したところ、合計440点もの力作をご応募いただきました。今回はその中から一部をご紹介いたします。

歴史

2012.12.27

「デノンと私」僕の人生にはDCD-790があった。

2010年に創立100周年を迎えたデノン。100周年記念キャンペーンとしてデノンにまつわるエピソード、『デノンと私』を募集したところ、合計440点もの力作をご応募いただきました。今回はその中から一部をご紹介いたします。

歴史

2012.12.14

1976年に発売された製品紹介

本日は、1976年に発売されたデノンのオーディオ機器をご紹介します。1976年には当たりまえですがiPodはありません。それどころかCDですらまだ発売されていない時代です。それでは一体何の機器で当時は音楽を聞いていたのでしょうか。

歴史

2012.11.29

最高の技術、理想的な音質“S1 series”

1992年に初めて登場した“S1 Series”。

歴史

2012.11.20

プリメインアンプPMA-500

1972年に「プリメインアンプ PMA-500」は誕生しました。 当時、トランジスタアンプが抱えていた問題として、Hi-Fiアンプにおいて音質面の向上が求められた時代でした。

歴史

2012.11.14

デノンを代表するMCカートリッジ「DL-103」

このMCカートリッジ「DL-103」はオーディオ愛好家であれば、一度は手にしたことがある製品ではないでしょうか。また「DL-103」て何?と思われるレコード世代でない方々には新鮮に映るかもしれません。

歴史

2012.11.07

日本のオーディオ技術に貢献したデノン

「デノン」は、1910年に設立され2010年10月1日に100周年を迎えた日本コロムビア株式会社の電気部門が独立した会社です。

 

 デノン公式サイト一覧

 
  • DENON
    • hi-res-award Banner
    • HEOS 3
 

 アーカイブ

 
 

 RSS Feed