Skip Ribbon Commands
Skip to main content

Quick Launch

Denon Official Blog > Categories
Bamboo Community Blog Site Template

読む音楽ナイトフライ録音芸術の技法と鑑賞法 冨田恵一著

名盤の誉れ高いドナルド・フェイゲンのアルバム『ナイトフライ』を、冨田ラボの冨田恵一が徹底的に解析した一冊『ナイトフライ〜録音芸術の技法と鑑賞法』をご紹介します。

映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』

現代最高のチェリストと称されるヨーヨー・マが立ち上げ、世界中の音楽家が参加した「シルクロード・アンサンブル」を追ったドキュメンタリー映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』をご紹介します。

読む音楽 ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事

腕利きスタジオミュージシャンとして知られる伝説のドラマー、ジェフ・ポーカロが参加したレコーディングセッションを集めた執念の一冊「ジェフ・ポーカロの(ほぼ)全仕事」をご紹介します。

サウンドマネージャー山内セレクションVol.4

デノンのサウンドマネージャー山内がHi-Fiオーディオシステムで味わってほしい音楽をセレクトする山内セレクションのVol.4。超有名盤からマニアックな盤までを独自の切り口でご紹介。今回はレアなアナログ盤も2枚セレクト!

プロフェッショナルチョイス テレオン第2店

いつも音楽に触れているプロに、本当にいい音楽を教えてもらおうという新企画。第2回はオーディオ&ビジュアル専門店テレオン第2店の山口大介さんにお気に入りの音源を教えてもらいました。

映画「ソング・オブ・ラホール」

厳しい政治状況から窮地に立たされていたパキスタンの伝統音楽家たちがジャズに挑戦。やがてトップジャズメンと共演するまでの様子を描いた音楽ドキュメンタリー映画『ソング・オブ・ラホール』をご紹介します。

サウンドマネージャー山内セレクションvol.3

デノンのサウンドマネージャー山内がHi-Fiオーディオシステムで味わってほしい音楽をセレクトする山内セレクションのVol.3。超有名盤からマニアックな盤までを独自の切り口でご紹介します。

プロフェッショナルチョイス アバック秋葉原本店

オーディオ専門店でいつも音楽や映画に触れているプロフェッショナルに、本当にいい音楽やいい映画を教えてもらおう、という新企画!第1回はアバック秋葉原本店の統括店長 菅原義純さんが登場です。

映画「AMY エイミー」

2003年にデビューしトップスターの座に躍り出たものの、2011年にはわずか27歳の若さで急逝したシンガー、エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画「AMY エイミー」をご紹介します。

夏フェス行こう!

音楽好きにとって、夏はフェスの季節。フェス常連の方と「夏フェスに興味はあるけど、まだ行ったことがない」という方のために、今年の夏フェスの概容とその魅力についてご紹介をします。

サウンドマネージャー山内セレクションVol.2

デノンのサウンドマネージャー山内がHi-Fiオーディオシステムで味わってほしい音楽をセレクトする山内セレクションのVol.2。超有名盤からマニアックな盤までを独自の切り口でご紹介します。

不世出の天才、プリンスを悼む

グラミー賞を7度受賞、リリースしたアルバムはサントラ、ライブ盤含めて47枚。不世出の天才プリンスが2016年4月21日、57歳の若さでこの世を去りました。デノン公式ブログではプリンスを追悼したいと思います。

サウンドマネージャー山内セレクションVol.1

デノンのサウンドマネージャー山内がデノン公式ブログの読者のためにHi-Fiオーディオシステムで味わってほしいCDやファイルミュージックをセレクトしました。サウンドチェックやデモンストレーションで使用している音源も公開します。

イーグルスとアース・ウィンド・アンド・ファイアの追憶

ポップミュージックシーンの歴史を変え、ほぼ時を同じくして惜しくもこの世を去った 2人アーティスト。イーグルスのグレン・フライ、アース・ウィンド・アンド・ファイアのモーリス・ホワイトを追悼します。

デヴィッド・ボウイとギタリストたち。

2016年1月に惜しくもガンで死去したデヴィッド・ボウイ。ニューアルバムが出てその2日後に亡くなるという衝撃的な死は、あらゆる音楽ファンを驚かせ、悲しませました。今回のデノン公式ブログは追悼の意味を込め、デヴィッド・ボウイの音楽と、その音楽を彩ったギタリストについて。

素顔の音楽家たち第10回 初演が大騒ぎ!ストラヴィンスキーの「春の祭典」

音楽の歴史に名を残している偉大な作曲家や演奏家、そんな天才たちのエピソードをご紹介する「素顔の音楽家たち」。今回はストラヴィンスキーの《春の祭典》の初演が斬新すぎて大騒ぎだったというお話をご紹介します。

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 」

明けましておめでとうございます。新年最初のエントリーは、昨年のグラミー賞作品賞をはじめ主要4部門を独占した、バットマンのマイケル・キートン主演、サウンドトラックが全編ドラムソロという映画「バードマン」をご紹介します。

読む音楽 レクイエムの名手 菊地成孔

忙しない年末を迎えつつありますが、寝る前のひととき、音楽を聴きながらゆったりと読書でもいかがでしょうか。今回はジャズミュージシャンであり、文筆家でもあり、ラジオDJとしても人気を博している菊地成孔の追悼文章集『レクイエムの名手』をご紹介します。

素顔の音楽家たち第9回 王様よりもスゴい?究極の「オレ様」ワーグナー

音楽の歴史に名を残している偉大な作曲家や演奏家、そんな天才たちのエピソードをご紹介する「素顔の音楽家たち」。究極の「オレ様」でもあった?天才ワーグナーをご紹介します。

ストリーミングサービスを試してみた。

「AWA」「Apple Music」「LINE MUSIC」などの音楽ストリーミングサービスが相次いで開始されました。これらはどう便利なのか、今までの音楽の聴き方とどう違うのか、編集部が試してみました。

【無人島CD】馬鹿な大人になってすいません

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ?ゲームソフト「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」のアシスタントプロデューサー(株)アトラスの宇田洋輔氏は何を選んだか?

『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト&デノンの舞台裏!』

デノンとコラボしたゲームソフト『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』が6月25日に発売されました。今回は株式会社アトラスのプロデューサー 宇田洋輔氏、サウンドコンポーザー 小塚良太氏、そして弊社 宮原の3人がコラボの舞台裏の様子を語ります。

素顔の音楽家たち第8回 ドビュッシーは女の敵だった?

音楽の歴史に名を残している偉大な作曲家や演奏家、そんな天才たちのエピソードをご紹介する「素顔の音楽家たち」。今回は、自由な音の響きを重視した印象派を代表する作曲家、ドビュッシーをご紹介します。

ブライアン・ウィルソンの知られざる真実を描いた映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』

夏と言えばビーチボーイズ!そのビーチボーイズの多くのヒット曲のソングライティングを担っていたブライアン・ウィルソンの伝記映画「ラブ・アンド・マーシー」をご紹介します。

もっと楽しくクラシック「交響曲ってなに?」

「クラシックは興味があるけど、敷居が高くって」。そんな初心者のための「もっと楽しく、クラシック」の第2回はズバリ交響曲! 交響曲の意味、交響曲の形式、そしていつ頃生まれたものなのか。そのあたりをご紹介します。

映画「ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜」

「ソウルのゴットファーザー」と称されるJBことジェームス・ブラウン。ステージからはうかがい知ることのできなかった面までも描いた、音楽ファン必見の伝記映画「ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜」をご紹介します。

もっと楽しくクラシック「指揮者はいつ誕生したの?」

「クラシックは興味があるけど、敷居が高くって」。そんな初心者のために新コーナー「もっと楽しく、クラシック」が誕生。第一回は指揮者について。実は今のような専門の指揮者って、わりと最近まで存在しなかったのだとか。ご存じでしたか?

【無人島CD】思い出がいっぱい!

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? デノン社員が唐突に突きつけられる究極の選択。日本アフターサービスグループ M.Y.が選んだのは?

アカデミー賞作品『セッション』の鬼音楽教師は、まさに怪演!

アカデミー賞®で作品賞を含む5部門に堂々ノミネートを受け、助演男優賞、録音賞、編集賞の3冠に輝いた音楽映画『セッション』をご紹介します。「ラスト9分19秒の衝撃は圧巻にしてもはや痛快!」は本当です。

素顔の音楽家たち第7回 自由すぎる聖職者、ヴィヴァルディ

後世の人を魅了する素晴らしい音楽を創造した作曲家、演奏家たちって、もし隣にいたら一体どんな人物だったんだろう、と思うことがありませんか。「素顔の音楽家たち」7回目は「自由すぎる聖職者、ヴィヴァルディ」。

あのスーパーヒーローは今!

おなじみのシリーズ映画を全く新しいキャスティング、現代的な解釈、最新の映像技術でリメイクすることを「リブート(再起動)」と呼びます。今回は有名なあのスーパーヒーローたちのリブート作品について、その見どころ、聴きどころをご紹介しましょう。

FM放送を支えたデノンの銘機たち

デノン白河工場の中には、歴代のデノンの銘機たちがずらりと並べられた「プロダクト展示室」があります。今回はそのコーナーでもひときわ存在感を放っているヴィンテージな3台をご紹介しましょう。いずれも日本のFM放送の黎明期を支えた銘機たちです。

名盤発掘!デンオン・ライブコンサート「カレイドスコープ

Editors Choice、今回は1978年に日本コロムビアから発売された日本のフュージョンの名盤「カレイドスコープ」の復刻CDをご紹介します。このアルバム、伝説の生放送のライブ番組「デンオン・ライブコンサート」というFM番組から生まれたアルバムでした。

【無人島CD】ひどい目に合っているにもかかわらず忘れられない。

恒例!無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? デノン社員が唐突に突きつけられる究極の選択。マーケティンググループのT.Mが選んだCDとは?

素顔の音楽家たち 第6回 すべてを持っていた天才、メンデルスゾーン

後世の人を魅了する素晴らしい音楽を創造した作曲家、演奏家たちって、もし隣にいたら一体どんな人物だったんだろう、と思うことがありませんか。今回の「素顔の音楽家たち」は、メンデルスゾーンの人並み外れて恵まれた環境についてご紹介しましょう。

素顔の音楽家たち第5回 リヒャルト・シュトラウスと、その悪妻

後世の人を魅了する素晴らしい音楽を創造した作曲家、演奏家たちって、もし隣にいたら一体どんな人物だったんだろう、と思うことがありませんか。今回の「素顔の音楽家たち」は、リヒャルト・シュトラウスと、その悪妻について。

【無人島CD】 音楽を楽しむきっかけになった一枚

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? デノン社員が唐突に突きつけられる究極の選択。デノンダイレクトショップ 店長Oが選んだのは?

豪華絢爛なダンスと歌を、ホームシアターで。

街がにぎやかに色づく年末年始。劇場に出かけて豪華絢爛なエンタテインメントを観たくなりますね。映画でも、ショービジネスの世界を描いた名作映画が数多く作られてきました。これらの映画にはたいてい本職のダンサーや歌手が起用されていて、踊りと歌を堪能できます。今回は、ゴージャスな気分に浸れるエンタテインメント、ホームシアターで楽しみたい「バックステージもの」映画をご紹介いたします!

私のオーディオ道 CSBUデザインセンター高橋「70年代のアンプ、PMA-235から学ぶもの」

オーディオ機器メーカーで働く人の音楽観や使用機器に興味はありませんか? その疑問にお答えする連載「私のオーディオ道」。今回はデノンのAVアンプなどの設計に携わるCSBUデザインセンターの高橋にインタビューしました。

素顔の音楽家たち第4回 鉄道オタク、ドヴォルザーク

後世の人を魅了する素晴らしい音楽を創造した作曲家、演奏家たちって、もし隣にいたら一体どんな人物だったんだろう、と思うことがありませんか。「素顔の音楽家たち」4回目は、「鉄道オタク、ドヴォルザーク」

ジャズ・クリスマス

街はどこもかしこもクリスマスソングのメドレーに次ぐメドレー。同じ曲ばかり聴かされて、辛い思いをしていませんか? そんな重度な音楽ファンのあなたのために、今回は糖度の低い通好みのジャジーなクリスマスソングをお送りします。

読む音楽 恋はいつも未知なもの 村上龍

慌ただしい師走となりましたが、寝る前のひととき、好きな飲み物を用意してジャズを聴きながら読むのにピッタリの、ジャズスタンダードをテーマにした短編集、村上龍「恋はいつも未知なもの」をご紹介します。

【無人島CD】このアルバムがなかったら、今の自分はなかった。

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? デノン社員が突きつけられる究極の選択、新入社員R.Hが選んだのは「自分にとって一番大切な作品」という、あの名盤でした。

素顔の音楽家たち第3回 リストはアイドル!

後世の人を魅了する素晴らしい音楽を創造した作曲家、演奏家たちって、もし隣にいたら一体どんな人物だったんだろう、と思うことがありませんか。「素顔の音楽家たち」3回目は、「リストはアイドル!」。

編集部のオススメハイレゾ音源 畠山美由紀「歌で逢いましょう」

編集部がお勧めのハイレゾ音源をご紹介するこのコーナー。今回は昭和の名曲たちを抜群の歌唱力と最高のサウンドで一発録音したという畠山美由紀「歌で逢いましょう」をご紹介します。

デノンのアナログレコードサンプラーができるまで Part.2

フラッグシップ・プリメインアンプ「PMA-SX1」の発売を記念した「デノンミュージックサンプラー Vol.2」を現在、鋭意制作中!今回はマスタリングを終えたばかりの制作陣にインタビューを敢行しました。

デノンのアナログレコードサンプラーができるまで Part.1

フラッグシップ・プリメインアンプ「PMA-SX1」の発売を記念した「デノンミュージックサンプラー Vol.2」を現在、鋭意制作中!今回はマスタリングを終えたばかりの制作陣にインタビューを敢行しました。

素顔の音楽家たち第二回 ロッシーニはユーモアがお好き

後世の人を魅了する素晴らしい音楽を創造した作曲家、演奏家たちって、もし隣にいたら一体どんな人物だったんだろう、と思うことがありませんか。「素顔の音楽家たち」2回目は「ロッシーニはユーモアがお好き」。

「コーラス映画」で思いきり泣こう!!

芸術の秋。各地で合唱コンクールが開催されるのもこの季節です。映画にも「コーラス」をテーマにした作品があります。どの作品も大いに泣けてしまう感動作ぞろい。この秋、ホームシアターでコーラス映画の感動に浸ってみませんか?

私のオーディオ道 APマーケティング部T 「それでもデノンのカーステレオを使い続ける」

オーディオ機器メーカーで働く人の音楽観や使用機器に興味はありませんか? 「私のオーディオ道」ではデノンのカーオーディオシステムをこよなく愛するセールスアンドマーケティング部のTさんにインタビューしました。

【無人島CD】 これならあと一万回聴いても、たぶん飽きないでしょう。

無人島にたった1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ?デノン社員T2が選んだのは、決して飽きることのない名曲。すでに何百回も聴いているのに飽きないという、その名曲とは?

セプテンバーという至福

いつのまにか9月も下旬。この爽やかな季節にピッタリな曲といえば、なんといってもダントツで、アース・ウィンド・アンド・ファイアの「セプテンバー」ではないでしょうか。今回はオリジナルと、それをカバーした土岐麻子のバージョンをご紹介します。

素顔の音楽家たち第一回 恋多き男、ベートーヴェン

後世の人を魅了する素晴らしい音楽を創造した作曲家、演奏家たちって、もしまわりにいたら一体どんな人物だったんだろう、と思うことがありませんか。新コーナー「素顔の音楽家たち」1回目は、題して「恋多き男、ベートーヴェン」。

わが家にムーランルージュのサウンドトラックが2枚ある理由

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ?デノン社員Tが選んだのはとある映画のサントラでした。彼の家にそのCDが2枚、そしてDVDが3枚ある理由とは?

背筋も凍る「怖い映画」をホームシアターで堪能しよう

夏といえば「怖い映画」。深夜自宅で一人見る怖い映画ほど背筋が寒くなるものはありません。今回は「音」と「場所」に着目して、ホームシアターのサウンドのリアリティを心臓がバクバクするほど実感できる映画をご紹介します。

読む音楽 音楽は自由にする 坂本龍一著

坂本龍一さんの病気による活動休止の報道がありました。ソロ活動、YMO、アカデミー賞の受賞作品も手掛けた映画音楽、そしてコモンズ、スコラなどでの音楽啓蒙活動、環境を守る活動などその活動は多岐に亘り、その才能は日本の音楽界に欠かせません。早期の完治を祈念しつつ坂本龍一さんの自伝「音楽は自由にする」をご紹介します。

音楽ドキュメンタリー映画「黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ」

7月12日から全国で公開予定の映画「黄金のメロディ〜マッスル・ショールズ」。マッスル・ショールズとは、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ボノ(U2)、アレサ・フランクリンらが愛した伝説のスタジオ。アメリカ アラバマ州の片田舎にあるスタジオが、どうして85枚以上ものゴールド・ディスクを生み出したのか、その秘密に迫る音楽ドキュメンタリー映画です。

私のオーディオ道 S&M アジア&オセアニアI 「自分のアンプを店に持ち込んでスピーカーを選んだ」

オーディオ機器メーカーで働く人の音楽観や使用機器に興味はありませんか?「私のオーディオ道」第7回は、クラシック中心の少年時代から今では無類のトランス好きになってしまったというS&M アジアアンドオセアニアのIさんにインタビューしました。

「No day, but today!」というフレーズが聴くたびにパワーを与えてくれる

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? デノン社員が突きつけられる究極の選択、APマーケティング部の社員N.O.が選んだのは、意外にもミュージカル映画のオリジナル・サウンド・トラックでした。

読む音楽 マイルス・デイビス自叙伝

音楽やオーディオに関する本をご紹介する「読む音楽」。第一回はマイルス・デイビス自叙伝をご紹介します。マイルス・デイビス自身の話だけでなく、チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピー、コルトレーンなどのジャズの巨匠たちのエピソードが満載です。

編集部のオススメ ハイレゾ音源 清水靖晃+渋谷慶一郎 「FELT」

最近CDを超える音質で音楽が聴ける「ハイレゾ」音源が話題を集めています。ハイレゾ音源は、どこからダウンロードすればいいのか、どんな音源があるのかなど、分かりにくい面があるのも事実です。 そこで今回はお勧めのハイレゾ音源をご紹介しましょう。OTOTOYで独占配信されているDSDのハイレゾ音源、清水靖晃+渋谷慶一郎「FELT」です。

雨の日に、聴きたい音楽。

もうすぐ梅雨の季節。湿気が多くて鬱陶しい時期ですが、になりますが、雨が降っている日だからこそ聴きたくなる音楽もありますよね。というわけでデノン公式ブログでは雨にちなんだ名曲をご紹介します。

新緑の季節はミュージカル映画で 大女優の歌声を堪能しよう!

アニメ映画史上最大といわれるヒット作「アナと雪の女王」。日本でも「アナ雪現象」「レリゴー現象」(主題歌の” Let It Go”に由来)なる言葉が生まれるほどの大ブーム! 主人公の吹き替えを担当した女優・松たか子の圧倒的な歌唱力も話題です。そこで今回は名作ミュージカルで私たちを感動させてくれた「歌う大女優」についてふり返ってみたいと思います。

迷うことなくスティーヴィー・ワンダー「キー・オブ・ライフ」一択で!

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? 「アルバムは収録順に聴く」というポリシーを持つAPマーケティング部の社員D.K.が選んだのは、盲目の天才アーティストが作った、あの名盤でした。

映画「卒業」のサウンドトラックを支える名人たち

いよいよ年度末。今週は前半から卒業式らしき服装の学生の方々をたくさん見かけました。「ああ、卒業かぁ」と思うと、自然に頭の中でアコースティックギターのイントロが聞こえてきます。もちろんサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」です。

苦悩から輝ける再生へ。ボサノバの名曲「三月の水」

オリンピックは終わりましたが、初夏にはサッカーのワールドカップがあります。開催地はサッカー王国であるブラジル。そしてブラジルといえばサンバ、そしてボサノバですよね。今回はボサノバの生みの親、アントニオ・カルロス・ジョビンについて、そして彼の名曲「三月の水」についてご紹介しています。ぜひご覧ください。

不器用な人間臭さを堪能できる一枚

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? 入社1年目のソフトウェアエンジニアのIが選んだのは、 ロック史上に残る、あの名盤でした。

私のオーディオ道 APマーケティング部 I 「ロックは爆音で聴く!」

オーディオ機器メーカーで働く人の音楽観や使用機器に興味はありませんか? その疑問にお答えする連載「私のオーディオ道」第6回。物心ついたころには筋金入りのロックフリークになっていたというIさんにインタビューしました。

ソチ五輪の氷上で響きわたるゲイリー・ムーアの「泣き」のギター!

ソチ五輪、盛り上がってますね。フィギュアスケートで金メダルを獲得した男子シングルスの羽生結弦選手は、私たちに大きな感動を与えてくれました。その羽生選手がショートプログラムで使用した曲が、なんと3年前に亡くなったロックギターヒーロー、ゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」でした!

誰もいない無人島で、朝日を浴びながら聴きたい1枚

デノン公式ブログで「無人島CD」第7回を公開しました。 無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? 新入社員のYが選んだのは、1971年に発表されたアコースティックな名盤でした。

私のオーディオ道 第5回 APマーケティングM 「子守唄代わりのR&Bで、我が子の英才教育」

オーディオ機器メーカーで働く人の音楽観や使用機器に興味はありませんか? その疑問にお答えする連載「私のオーディオ道」第5回は、 子どもに子守唄代わりに音楽を聴かせていたというAPマーケティングのMさんにインタビューしました。

音楽が名脇役 ウインタースポーツ編

冬のスポーツシーズンも真っ盛り。そこで今回は音楽が魅力的な「ウィンタースポーツをテーマにした映画」を3本紹介したいと思います。

一番よく「会話」しているアルバムを持って行く

無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? APマーケティング部 Oが無人島で聴くのは、なんとスタイリッシュなアンビエント・テクノです!

ブルース・ブラザース、フォーエバー

いよいよ2013年も押し迫ってきました。大晦日、お正月、となにかと みんなが集まる行事が多いこのシーズンですが、今回は老若男女みんなで楽しめて、しかも音楽は最高! という映画、「ブルース・ブラザース」をご紹介します。

ビートルズの名曲と、たくさんの思い出たちを連れて。

デノン公式ブログで「無人島CD」第5回を公開しました。 無人島に1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? APマーケティング部 Nが選んだのは、20世紀を代表する、あの超名盤でした。

私のオーディオ道 第4回 APマーケティング部O 「ディスクからさようならするオーディオ」

オーディオ機器メーカーで働く人の音楽観や使用機器に興味はありませんか? その疑問にお答えする連載「私のオーディオ道」第4回は、DJ好きが講じてデノンに入社したというマーケティング部のOさんにインタビューしました。

カブらないクリスマスソング

街を歩くと、クリスマスソングが流れる季節になってきました。しかし音楽好きのみなさん、この季節になるとどこへいっても「またあの曲か、次はこの曲か……。」と同じ曲ばかり。「たまには違うクリスマスソングが聴きたいなぁ」なんて思いませんか? というわけで今回は定番ソングとはまずカブらない、通好みのクリスマスソングをご紹介しましょう。

ハイレゾ音源、DCD-SX1専用マスタリングCDを市販のCDと聴き比べ

DCD-SX1をお求めいただいた方に、ハイレゾ音源とDCD-SX1専用マスタリングCD(非売品)をプレゼントするキャンペーン中です。 社内で開催された試聴会で、ひとつの曲を市販のCD、ハイレゾ音源、DCD-SX1専用マスタリングCDの3種類で聴き比べ、マスタリングによる音の違いをレポートします。

音楽が名脇役 Part-1

映画音楽には優れた名曲がたくさんあります。曲そのものが、物語の重要なキーとしてストーリーに深く関わってくる映画を探しみるのも面白いですね。そこで今回は、クラシック音楽が名脇役となって登場する映画3本を紹介します。

日野皓正インタビュー・アウトテイク#2 Talkin’ Bout The Next Step Of Music

MUSICMANIAC LAB.にジャズトランペッター日野皓正さんのインタビューが掲載されました。 このページではMUSICMANIAC LAB.に掲載できなかったお話をアウトテイクとしてお送りします。その2は、日野さんがいま考えていること、そしてこれからの音楽についてのお話です。

日野皓正インタビュー・アウトテイク#1 Talkin’ Bout “AH-D7100” & Album “-Unity -h factor-“

MUSICMANIAC LAB.にジャズトランペッター日野皓正さんのインタビューが掲載されました。 このページではMUSICMANIAC LAB.に掲載できなかったお話をアウトテイクとしてお送りします。

聴けばいつでもポジティブな気持ちになれる1枚

無人島にたった1枚だけCDを持って行けるとしたらどれを選ぶ? APマーケティング部 K.T.が選んだのは、たった一人で心が折れそうになったとき、聴けばいつでもポジティブな気持ちになれる1枚です。

私のオーディオ道 第3回 APマーケティング部K 「わが家にホームシアターが2部屋ある理由」

デノン社員の音楽観や使用機器を紹介する「私のオーディオ道」第3回は、自宅にホームシアターを2部屋も作ってしまったAPマーケティング部のKさんにインタビューしました。

USB-DAC機能って何? その2

デノンのスーパーオーディオCDプレーヤーDCD-SX1やDCD-1500RE、DCD-1650REに搭載されている、USB-DAC機能。実はこの機能、ハイレゾ音源の再生で大きな威力を発揮します。

USB-DAC機能って何? その1

デノンのスーパーオーディオCDプレーヤーには、USB-DAC機能が搭載されています。このUSB-DACという機能、最近よく耳にするようになりました。今回は、そのUSB-DAC機能の役割についてご説明します。

いろんな要素が楽しめて、どこへいっても聴きたいアルバム。

「たった1枚のCDを持って無人島に行く」という究極の状況で、 デノンの「音の責任者」であるサウンドマネージャー米田が選ぶこの1枚とは?

私のオーディオ道 第2回 営業部 U 「私にとって音楽はその時代の機器で聴くのがベスト。80年代の音楽が大好きだから、当時のオーディオ機器を収集した」

デノン社員の音楽観や使用機器を紹介する連載「私のオーディオ道」第2回は、1983年生まれなのに「80年代の音楽が好きで、往年のデノンの銘機を収集した」というUさんのインタビューです。

2013年8月の恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部 - 今月の1枚

推薦盤、リクエストに加え、夏のアナログ特集としてJAZZ、ROCKの名盤とクラシックの最近のディスクをお聴きいただきました。

無人島に行って全曲完コピに挑戦したい1枚

1枚だけCDを持って無人島に行くとしたら、何を持って行く? ロック好きのデノン社員Iが「全曲完コピに挑戦したい」と選んだ1枚は?

私のオーディオ道 第1回 APマーケティング部 T: 「音は臨場感の演出を重視。5.1chのAVアンプでレースゲームと映画を楽しむ」

「デノンの中の人は、どんなふうにオーディオを楽しんでいるの?」という疑問にお答えする連載「私のオーディオ道」が始まりました。

2013年7月の恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部 - 今月の1枚

タワーレコードから発売される「コンサートホール・ソサイエティ」のリマスター音源を日本コロムビアのご協力で、マスタリングエンジニアのお話も交えながらご紹介いたしました。

新コーナー「無人島CD」をはじめます。音楽好きの永遠のテーマ!

いろんな方にご登場いただき「無人島に1枚だけCDを持って行くとしたら 何を持ってく?」について熱く語っていただくコーナーが始まりました。

2013年6月14日(金) 「恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部」開催いたしました。

推薦盤、リクエストに加え、前半の特集では梅雨時ということで「雨」を題材に、ブラームスの「雨の歌」、ショパンの「雨だれ」とミッシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」からお聴きいただきました。

デノン主催「ネットワークオーディオ体験会」@北沢サロン

世田谷区北沢5丁目商店街に位置する建築やデザインの他さまざまな文化の交流を目的としたスペース・北沢サロンをお借りしてネットワークオーディオ体験会を開催しました。

恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部を開催しました

5月のクラッシックやジャズをはじめとする推奨盤からのリクエストや初演から100年を迎えた、ストラヴィンスキー「春の祭典」の特集にて、ご来場いただいたお客様にはお楽しみいただけたかと思います。

ユニバーサルプレーヤーとは ~CD/SACD DVD BDにも対応するプレーヤー~

ユニバーサルプレーヤーとは、映像ディスク・音楽ディスクの両方を1台で再生できる多用途デジタルディスクプレーヤーです。

恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部を開催しました – 今月の1枚

2013年3月8日(金) 「恵比寿オープンスタジオ デノン音楽倶楽部」をD&M恵比寿ショールームにて開催いたしました。

音楽を楽しく聴く日々

みなさん毎日音楽を楽しく聴いていますでしょうか。

音楽が胎教へ与える影響とは

妊娠されたとき、お腹の赤ちゃんのために音楽を聴かせたことありますか?

集中する方法とは…-集中したいときには音楽を聴こう-

みなさんは音楽をどんなときに聴きますか?リラックスしたいとき、集中したいとき、仕事で、勉強のため・・・人によって音楽との付き合い方は千差万別です。

音楽で心地よい眠りを

仕事のストレスや人間関係のことで眠れない夜を過ごすと言うのは、現代人にとってはよくあることです。心地よい睡眠を得るためには、それなりの準備が必要ですね。

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ2013

毎年多くの来場者で賑わうこのオーディオフェスタは、国内外の主だったブランドの製品が揃うビッグイベントで、オーディオマニアや音楽愛好家への最新・最高の情報をお届けする場所となっています。

ヨドバシカメラAkiba デノン試聴会を実施しました。

多くのお客様にご来場いただき、各回約1時間ゆっくりと音楽をご堪能いただきました。

恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部を開催いたしました!

今月は演奏・録音ともに良いディスクが多かったので、クラシック、ジャズから各1枚ずつご紹介いたします。

ヘッドホン・イヤホンのスペックに詳しくなろう

お店には数多くのヘッドホンがありますが、その全てを試すことはできません。そのために、スペック表が読み解けるようになっておくと候補の絞り込みがし易くなるのでオススメです。

音楽を楽しむための環境づくり

専用の防音室を持つのはコストが掛かり過ぎるとお嘆きの方に、今日からできる、防音・音響効果があるアイデアをご紹介します。

オーバーイヤーヘッドホンを選ぶポイント

オーバーイヤーヘッドホンに対象を絞って、購入時に選ぶポイントをご紹介します。

「サラウンド」についておさらいしよう

ホームシアターの普及により、ますます身近になったこの「サラウンド」という言葉を改めておさらいしておきましょう。

バーチャルサラウンドってなに?

もっと手軽にリアルな音を楽しんでもらうために。。。その思いから生まれた技術の1つに「バーチャルサラウンド」があります。今回は「バーチャルサラウンド」について取り上げてみました。

ホームシアターに使用する映像ケーブル

ホームシアターだけでなく、快適なミュージックライフを送る上でもケーブルについて知っておいて損はありません。そこで今回は映像ケーブルの種類と特徴を簡単にご紹介します。

女性がヘッドホンを選ぶ時のポイント

一般的なヘッドホン・イヤホンの選び方は他の記事をご覧いただくとして、今回は特に女性がチェックしておきたいポイントを取り上げてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

イヤホンは自分に合ったサイズのイヤーピースを選ぶことが大切

耳の穴の中にイヤーピースを入れるカナル型イヤホンでは、耳が密閉されることが重要となります。

イヤホンを長持ちさせる方法

イヤホンは1000円前後のものから高級なもので6万円以上の製品もあり、価格帯はさまざまです。

ヘッドホンやイヤホン、価格によって何が違うのか

1000円以下でお手軽に購入できるイヤホンもあれば、10万円以上する高級なヘッドホンまであり、イヤホンやヘッドホンの価格のバリエーションはさまざまです。

雪が降ると静かに感じる理由

冬、特に雪が降っていると、屋外がいつもより静かに感じますね。視覚的な効果や寒さなどによる感覚のせいだけではなく、とても寒い日や雪の日には本当に音が響きにくく、静かになるのです。

心地よさを誘う「ゆらぎ」とは

「1/fゆらぎ」という言葉を知っている方はとても多くいらっしゃると思います。

AirPlayを楽しもう

みなさんAirPlayをご存知ですか。

ディスクを長持ちさせる方法

​本日はディスクを長持ちさせるポイントやテクニックを紹介します。

あの曲のタイトル何だっけ?という時に使えるアプリ

今回は音楽好きにはたまらない、便利なアプリを紹介したいと思います。

ジャンルを超えた様々な活動を展開するサックス奏者:寺地美穂さん

今回はデノンとタイアップしているアーティスト、寺地美穂さんをご紹介をいたします。使用しているヘッドホンのレビューも伺いました!

レコードとの出会いの場” RECORD STORE DAY”

“RECORD STORE DAY” という祭典をご存知でしょうか。

恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部を開催しました

2013年1月11日(金)東京・恵比寿にて「D&M恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部」を実施いたしました。

インターネットラジオとは・インターネットラジオでできること

皆さんはインターネットラジオを利用した事がありますか?新しい音楽を発見する、気分転換に最適な環境をインターネットラジオは提供しています。

どのような曲で試聴した方がいいのか

スピーカーを選ぶ際には、あなたが普段どのような音楽を聴いているかで選ぶポイントが変わってきます。

1月8日はイヤホンの日!

みなさまはご使用中のイヤホンに対してどのようなこだわりがありますか?

バーのような洒落たお店でヘッドホンを試聴してみよう

みなさんはヘッドホンを探すとき、どのようなお店に行きますか?

オーディオ機器を買う時はCDを持って行こう

少しでも自分が望む音がでるオーディオ機器を選びたいですよね。そんな時に便利なのが試聴用のCDです!

気分によって聴く音楽を変えよう

​音楽はエンタテインメント以外にもたくさんのことを私たちにもたらします。

新しい音楽を発見する喜び

何かを発見することはどんな小さなことでも嬉しいですよね。

難聴にならないためにヘッドホン・イヤホンでできること

現在の携帯型デジタル音楽プレイヤーは、バッテリーが長時間持つので、音楽を長時間聴くことができます。しかし、大きなボリュームで音楽を聴く時間が長ければ長いほど、難聴になる可能性があります。では、難聴になる可能性を下げるにはどうすればよいのでしょうか。

どうして難聴になるのか

音楽好きの私たちにとって一番恐ろしいのは耳が聴こえなくなる事ではないでしょうか?実は今、多くの方が難聴になっており、例えばアメリカでは13歳以上の米国民の5人に一人という高い割合で難聴の問題を抱える人がいます。

リアルな現場と音楽マーケットをつなぐ希有な存在”DJ HIROKING”

今回はデノンとタイアップしているアーティスト、”DJ HIROKING”のご紹介をいたします。使用しているヘッドホンのレビューも伺いました!

世界も注目するアーティスト”Sayulee”

今回はデノンとタイアップしているアーティスト、”Sayulee”さんのご紹介をいたします。使用しているヘッドホンのレビューも伺いました!

極上ガールズポップのデコレーション“ジェニーブランチ”

今回はデノンとタイアップしているアーティスト、”ジェニーブランチ”さんのご紹介をいたします。使用しているヘッドホンのレビューも伺いました!

厚みのある柔らかな中音域の声に定評のある“MJ★”

今回はデノンとタイアップしているアーティスト、”MJ★”さんのご紹介をいたします。使用しているヘッドホンのレビューも伺いました!

音源の種類とメディア変遷

子供の頃に聴いたソノシートからの音色がオーディオと接した原点であるという方も多いのではないでしょうか。ふとソノシートから流れる童謡のメロディーを思い出し「メディアの歴史」について振り返ってみました。

ディスク素材によって音も変わる

レコードの時代、ミゾが精巧に成形できたり大量に生産できる素材が重宝されたのはなんとなくわかりますね。静電気が溜まりやすい素材だとホコリがつきやすくなってしまいます。その箇所を針が通るたびに「プチ」と異音が聞こえたりしたものです。。。

アナログレコードとは

デジタルディスクであるCDにメディアの主流が移行して久しいですが、「レコード」というアナログディスクに魅力を感じる人もまだまだ数多く存在します。アナログレコードと再生装置であるレコードプレーヤーは取り扱いにも注意が必要でメンテナンスの必要性も高いので少々厄介ですが。

せっかく作ったお気に入りのミックスCD-Rが再生できない時は

お気に入りの曲を集めたミックスCD-Rを作り、いざCDプレーヤーを使って聞こうと思ったら再生できない!みなさま、このような体験をした事ありませんか?CD-Rが再生出来ないのにはさまざま理由があります。

ネットワーク対応オーディオで実現できること

ネットワークオーディオは再生時にPCの操作は不要です。LANの環境があるなら、PCを置いていない部屋からでも、ネットワークオーディオプレーヤー本体はもちろん、iPhoneなどのスマートフォンや、iPad・Androidなどのタブレット端末などにダウンロードした操作アプリを使ってPCなどに保存した音楽を楽しむことができます。

若者世代とジャズ - 気軽に楽しむ方法とは -

ジャズと言えばオジサンのもの?いえいえ、10代・20代の若い世代でも楽しめるんですよ。「食わず嫌い」のあなた、一度試しに聴いてみては?

デノン ヘッドホン&サウンドバー体験試聴会を行いました。

2012年12月8日、9日ビックカメラ有楽町店にて、デノンの話題のヘッドホン&サウンドバーの体感イベントを行いました。

D&M新製品体感イベントを行いました

2012年12月8日、9日 ヨドバシカメラマルチメディアAkibaにて、デノンの新製品ライフスタイルヘッドホン&サウンドバーの体感イベントを行いました。

マスタリングとは

マスタリングとは、を説明するためにGoogleで調べてみたところ、「音楽作品をリスナーに提供する形態に複製できる段階の直前で最後に行う音質調整のことを指す。」とありました。

音楽のファイルフォーマットの種類

音楽をパソコンに取り入れる際、音楽のデータはデジタル化されます。その時に活躍するのがファイルフォーマットです。ファイルフォーマットは何故こんなに種類が多いのでしょうか。今回はファイルフォーマットに焦点を当ててみたいと思います。

ハイレゾ音源とは

ハイレゾとは、”High Resolution” (ハイレゾリューション)の略であり、日本語に訳すと「高解像度」という意味になります。一般的には、CDより高音質なオーディオファイルのことを「ハイレゾ音源」と言います。

「プリメインアンプPMA-2000RE」、「スーパーオーディオCD/CDプレーヤーDCD-1650RE」を披露しました!

2012年11月2~4日、東京国際フォーラムにて国内外各国を代表するオーディオブランドが集結し、「東京インターナショナルオーディオショウ」が開催されました。

秋のヘッドホン祭2012が開催されました!

10月27・28日、青山の「スタジアムプレイス青山」でフジヤエービックが主催するイベント「秋のヘッドホン祭2012」が開催されました!

 

 デノン公式サイト一覧

 
 

 アーカイブ

 
 

 RSS Feed